FC2ブログ
07≪ 2020/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2011-03-20 (Sun)

いい人ほど早く逝ってしまわれる- - - - - - - - --。


という事で、今回はついに義父・勝家と母・お市が!!



今日は舞台鑑賞でお出かけしてたのもありまして、ちょ~~~簡単感想で申し訳ないですけど、大河ドラマはクリアしたいかと。



あのね、正直なところ、全体感想を言わせてもらうと、

涙もへったくれもない、セオリー通りの流れすぎだろって感想しか出てこなかった(><)


確かにみなさん熱演でしたよ。

すごく別れのシーンもきっちり形見を分けて、娘たちに思いを伝えてくれましたよ。


でも、イマイチ入り込めなかった・・・(^^;)


その前に見た舞台がすごくよくて、こちらで涙した分、余計にこっちに訴えるものがなくて・・・。



なんでだろうなぁ。
このドラマは毎回なんだかフィルターかかってみてる気がする。

すっごい遠いところで話が進んでるような感覚なんだよなぁ。



負けて猿の側室になるくらいなら、死を選ぶと。


で、娘たちはその前に脱出させて・・・。


あまりに展開がまんまなもんで・・・ものすごく短いんだか、長いんだか・・・な内容でしたわ。


娘たちはこうして両親の死を迎えたわけで・・・。



でも、これでようやく次の一歩でしょうか。


特筆は、今回石田三成が出たということでしょうか。

でも、三成=小栗くんの図式がまだ消えませんね(^^;)



お市はこのまま語りべとしては残るという形なのでしょうか?


あの世から娘たちを見ているという設定?



さらっと流し見的な見方をしてしまった自分も悪いかもしれませんが・・・。

ここからが本当の正念場になりそうですよね。


視聴率もすでに20%を切りつつある大河ですし、どこで巻き返しができるか?
にはなるでしょうね。


このままでは引き続き私は生暖かく見守ることになりそうです(^^)

4月からは「JIN」の方に力入れたいしって事で。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ アニメ・ドラマ感想ブログ ←よろしければ、ポチっとお願いいたします♪

☆つぶやいてます ◆Twitter◆


【送料無料】江の謎姫たちの戦国物語
【送料無料】NHK大河ドラマ江~姫たちの戦国~完全読本
【送料無料】NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」完全ガイドブック
【送料無料】江姫たちの戦国
【送料無料】江姫たちの戦国(前編)
【送料無料】NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック「江~姫たちの戦国~」

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第9話




* Category : 大河ドラマ
* Comment : (3) * Trackback : (0) |

Re:大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第10話「わかれ」(03/20) * by くうふう3
>あの世から娘たちを見ているという設定?



母はずっとそなたたちを見守っておるぞ。とお市が言ったとき、

「そうだよね。。。ナレとしてね。。。」と心でつぶやいてしまったのでした( ̄∇ ̄;)

あたしも、相当サラッと見てたので~^^;



もうすぐ「JIN」ですね♪

来期の日曜は、やっぱそっちでしょ~(⌒▽⌒)


こんにちは♪ * by ショコラ425
>負けて猿の側室になるくらいなら、死を選ぶと。



そんな感じで、短絡的でしたね(^^;)

娘達を守るために、「女の戦は生きること」を貫いて欲しかったです。

まだ、江11歳で子供だし・・・

事実は曲げられないので、仕方ないのですが(汗)



視聴率は、既に厳しかったみたいです(汗)




ああ・・・ * by 秀吉
お市様が死ぬなんて・・・

個別記事の管理2011-03-06 (Sun)
勝家の特技- - - - - - - - --!?


刺繍が得意な父。

すげぇ。
これは意外な路線。

まぁ、ホームドラマですから(^^;)



しっかり姉たちもなついてしまったようで。
家族で和気藹々。

前回のいがみ合いは一体何!?位の勢いですなぁ(^^;)


ま、所詮ホームドラマですから(わははФ



だが、そこに火急の知らせが入る。

さんと、京で、秀吉が信長の葬儀を行ったというのだ!!

これはあまりに身勝手なやり方。

しかも、妹であるお市を呼ばないとはどういうことか。


したたかなサル!!
このまま一気に戦になるのか。


だが、戦は嫌だと言い張る3人姉妹。

またも秀吉と父が争うのか?

それだけは避けたいと願う気持ちが大きい。



この成り行きに、徳川はどうするのか?

今はただ様子見のようで・・・。




「父を信じよ」

娘たちのために戦はしないと宣言する勝家。


だが、横暴すぎる秀吉のやり方に、家臣たちにもせっつかれ、板ばさみ状態の苦しい立場。


だが、秀吉は次々と策を練ってくる。

なんと、三法師を奪い、自らの居城へ移したというのだ!!

更に戦いを仕掛ける秀吉の目に余る行動に、我慢の現界。



だが、娘の手前、戦はしないと約束した勝家。

「大丈夫じゃ」と、娘たちに言いながら、自分にも言い聞かせるような勝家。


だが、勝家は有能な武士。

長政の父がそうであったように、戦に行ってこそ、本来の力と想いを発揮できるのではないのか。


母にそう説得され、茶々も、初も父の心を理解し、戦へ送り出す心を決める。

だが、江だけがそれを納得しない。

「私は嫌にございます!!」


父は嘘つきだと罵り、それから口を利かないという。


江には初めてできた「父」という存在。

父を失うことが怖い。


だから江は戦に反対するのだ。

そんな江の心を理解した茶々は、勝家は必ず戻ってくると言い聞かせるのだった・・・。



だが、勝家もまた、しあわせな家族のぬくもりを知り、出陣したくないという想いを抱いたよう。

しあわせな時間ほど短い。

だがお市もまた、無事の帰還を祈っていると、なんと信長から渡された形見の印を勝家に渡したのだ。

受け取れないといいつつ、早かったねぇ(^^;)

まぁ、所詮ホームドラマ。
お市の笑顔ひとつで納得しちゃうんだよね。



そして・・・出陣の日。

江の縫ったお守り袋と、茶々と、初のお守り。
それに、お市の渡した印を入れ、戦場へ旅立つ勝家。


泣きながら、無事の帰還を祈っていると叫ぶ江。

そんな娘たちを想い、お守り袋を握り締め、勝家もまた必ず戻ってくると涙を堪え、誓いを立てるのだった- - - - - - - - -。




ここもまたベタベタでしたけど、私的にはいいシーンにはなってたと思います。

路線的にはこういうものを見せたいんだろうか?

ホームドラマで行くと決めたんでしょうか。


えらく批評も多いですし、視聴率もどんどん下がってますしね。

そろそろ何を見せたいのか、どういう方向で行くのか、しっかりターゲットを決めないと、どんどん中途半端になりそうですもんね。


視聴者も割り切って見てる感じですし。

中途半端に歴史をなぞるだけなら教科書と一緒だし、何かこう、このドラマにしかないインパクトを求めますわ。


次回はついに母!?

またまたいい役者さんがどんどんいなくなっていきますねぇ・・・。


色んな意味で苦戦が続きますねぇ?

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ アニメ・ドラマ感想ブログ ←よろしければ、ポチっとお願いいたします♪

☆つぶやいてます ◆Twitter◆


【送料無料】江の謎姫たちの戦国物語
【送料無料】NHK大河ドラマ江~姫たちの戦国~完全読本
【送料無料】NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」完全ガイドブック
【送料無料】江姫たちの戦国
【送料無料】江姫たちの戦国(前編)
【送料無料】NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック「江~姫たちの戦国~」

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話




* Category : 大河ドラマ
* Comment : (3) * Trackback : (0) |

Re:大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第9話「義父の涙」(03/06) * by くうふう3
>中途半端に歴史をなぞるだけなら教科書と一緒だし、何かこう、このドラマにしかないインパクトを求めますわ。



まぁ、もう。。。時代感ゼロのホームドラマで行こうと決めたのでしょう^^;

鈴木保奈美さんは姿がなくなってもナレーションで残りますからね。

大地さんとは来週でさようならです。

こんにちは♪ * by ショコラ425
>刺繍が得意な父。

>これは意外な路線。



ほんと意外でしたね(笑)



大地勝家は、結構、可愛くて好きでした♪(^^)

でも、もう次回、お別れですね。

幸せな期間が短くて、お気の毒です。

どういうお別れになるのか、心配でもあり、期待しています(^^)


割り切って見てます * by haru
こんにちは。

ハイ、割り切って見てる視聴者の一人です。お市がいない後は、江のイケメン婿殿が出てきて、このドラマの真骨頂になるのでしょうか。それにしても、最後の市の「この世で送った最後の春」という言葉にはわかっていながらドキっとしました。来週はハンカチなしには見れなさそうです。また来ます。

http://blog.livedoor.jp/haru1106/

個別記事の管理2011-02-27 (Sun)
お市が嫁ぐことに- - - - - - - - ----!!



三法師を使い、裏から天下を取ろうとしている秀吉を止めるため、柴田勝家に嫁ぐという母。

それに納得できない茶々たち。



まぁ、いきなりこんなオッサンが父になられてもね(^^;)


その婚儀の後、父・長政の最後の地を訪れたお市と娘たち。

ここは自分が生まれた城。

でも、娘たちは辛らつ~(><)

父に再婚の許しを得ていたのかとか、ちょっとそれ言いすぎじゃないのか?



だが、琵琶の湖もはや見納め。
その後、越前へ向かった4人。


勝家はやはり今まで通りに仕える形の口調が直らないし、茶々も初も反発しまくり。

唯一、江だけが初めてできた父に従おうとしている感じですねぇ。


救いは勝家はとても誠実でやさしい男だということ。

お市の思わくもちゃんと理解した上で、それでも少しでも想いを寄せて欲しいと願い出るあたりが、その人となりを示していたなぁ。

素直だと思うよ。


娘となれ、父と思え。

娘たちにそういう前に、まず自分の気持ちだといいう話だということに気づいたお市。


だが、やはり父は長政ひとりと、それを受け入れられない茶々たち。


江は、今まで父と呼ぶ者はいなかった。

そこで、勝家を父と呼ぼうと試みるも・・・。


「ちちちち・・・」

って、鳥の鳴きまねっすか(^^;)

定番だなぁ。


己の歯がゆさに、思わず馬を走らせる江。



だが、途中で雷鳴が鳴り、雨が降り始めてしまう。

道に迷った江を探しに、勝家自らが探しに出かけることになるのだが、見つからない。


それでも、己の命に代えても探し出すといってくれる勝家。



次の日。

戻って来た江。

荒寺で過ごしていたと、陽気に話す江に対し、勝家は容赦ない平手を食らわしたのだ!!


与助と言う男の前に連れて行く勝家。


彼が、姫を見失ってしまったと・・・。

もし江が戻らなければ、与助は打ち首になっていたというのだ。


「わびよ!!」

そう命じる勝家。


江は自分のしたことを、ようやく理解する。

勝家は、上に立つものは常に下のものに支えられていることを知れと、身をもって示したのだ。


そして、最後に江に怪我がない事を確かめ、その身体を抱きしめ、よかったと涙するのだった・・・。


飴と鞭。

そして、愛情。

力一杯抱きしめられた江は、勝家に父を感じたよう。




おや、うっかりいい話になってるじゃん。


そして、この一件以来、すっかりこころを許した娘たち(←早っФ


勝家を父と呼び、新しい家族ができたよう。


うん。

こういうのもありか。


しあわせ~ってオーラが漂うラストで、今後の戦の前のひと時の安寧ってことで。


今回はまぁ突っ込み所も少なかったんじゃないかしら。


こういうベタでもしっかり何かを感じさせてくれる演出は好きな方。


あまり奇抜なことをしないで、コメディ路線でもいいので(←オイ)
そういうのを大切にしてほしいなぁと。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ アニメ・ドラマ感想ブログ ←よろしければ、ポチっとお願いいたします♪

☆つぶやいてます ◆Twitter◆


【送料無料】江の謎姫たちの戦国物語
【送料無料】NHK大河ドラマ江~姫たちの戦国~完全読本
【送料無料】NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」完全ガイドブック
【送料無料】江姫たちの戦国 【送料無料】江姫たちの戦国(前編)

【送料無料】NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック「江~姫たちの戦国~」


第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話




* Category : 大河ドラマ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

Re:大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第8話「初めての父」(02/27) * by くうふう3
あまりにもみんなの態度が急変しすぎで。。。( ̄∇ ̄;)

どう見れば良いのか解りませんでしたわ~(⌒▽⌒)



次回はもう戦ですって。早いですね。

大地さんの出番も終わりだわ~。

こんばんは♪ * by ショコラ425
私も平手打ちで親子の家系が深まるの、結構、良かったと思います♪

ベタですが(^^;)



いっそのこと、こういうようにホームドラマに徹した方が無難かもしれませんね。(^^;)

「篤姫」の作者だから、それは皆、覚悟してると思うので(笑)


個別記事の管理2011-02-20 (Sun)

織田家の行く末- - - - - - - - ---。



すべては次男と三男にかかっている。

どちらにつくのが得策か?


豊臣は?徳川は?

ということで、今回は清洲会議。


視聴してても、なんだかあらすじを拾うとかそういう流れではないので、今後はもう感想重視の簡単レビューで。

続けるかも微妙なほど、内容が流れて見れてしまうという・・・。


これは苦戦が続きそうな展開ですよねa




秀吉は父の仇。
だが、信長の仇を取ってくれたのも秀吉なのだ。

複雑なお市と娘たち。

そんな中、おねと再会する江。



えっと・・・ここからはギャグですか(><)

とても家督争いに巻き込まれて緊迫してる雰囲気ではないね(^^;)



しかも、秀吉が連れてきた子供。


まさかこれって隠し子~!?とみせかけて、実は信忠の息子だったという。


清洲会議開催。

                                                     
織田家を継ぐのは、信忠の息子!!


つまりは信長の孫。


そう宣言する秀吉。

これはもう完全に自分が後継人になって、実質の天下を取ろうとしているのは目に見えている。


当然、納得できないのは柴田勝家。


もちろんお市たちも。


そこで、信孝と話し合いをした結果、なんとお市は柴田勝家に嫁ぐと言い出したのだ!!

秀吉の天下取りを阻むために、母は武将の心で嫁ぐというのだが・・・。


当然それを認めたくない娘たち。

自分たちの父は、長政のみ!!



しっかし、江を絡ませようということで、清洲会議でも盗み聞きしてる、なんて設定だもん。

そんなのでいいのかって感じだわ。


もう、なんつーかどんどん冷めた目でしか見られないのが悲しい今年の大河。


これはどうにも脱落が近い・・・気がしてならんです。


主役を江だと思わなければいいのかなぁ。


こうなれば戦国武将たちの駆け引きを楽しめたらなぁと思います。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ アニメ・ドラマ感想ブログ ←よろしければ、ポチっとお願いいたします♪

☆つぶやいてます ◆Twitter◆


【送料無料】江の謎姫たちの戦国物語
【送料無料】NHK大河ドラマ江~姫たちの戦国~完全読本
【送料無料】NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」完全ガイドブック
【送料無料】江姫たちの戦国 【送料無料】江姫たちの戦国(前編)

【送料無料】NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック「江~姫たちの戦国~」


第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話




* Category : 大河ドラマ
* Comment : (3) * Trackback : (0) |

Re:大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第7話「母の再婚」(02/20) * by くうふう3
清洲会議は笑えましたね~( ̄∇ ̄;)もう笑うしかない。。。

何かあちこちに江がいるのは慣れたつもりで頑張ってるんだけど、

それでもついついブツブツ言っちゃう^^;



>主役を江だと思わなければいいのかなぁ。



江が歴史を見ているドラマなんだ。だからあちこちにいるんだ!

。。。と自分に言い聞かせつつ見続けるか脱落するか( ̄∇ ̄;)

来期はレビューはどうせ「JIN」に逃げるつもりなので

ツィートだけブツブツしようかと考え中です。


会議は笑う * by haru
こんばんわ。TBありがとうございます。

岸谷秀吉がなんとかトヨエツ信長の代わりを務めようとしているのに、清洲会議で盗み聞きしてる江が全て美味しいところを持っていってましたね。ハー。

>主役を江だと思わなければいいのかなぁ。

そうしたいところですが、相手は主人公特権を振りまわるもので・・・

また来ます。

http://blog.livedoor.jp/haru1106/

こんばんは♪ * by ショコラ425
私も脱落しそうです(^^;)



江があちこち出てくるのは、少し馴れたんですが、子供の江が大人の有名人に対して、いつも偉そうなのはイマイチ感じが悪いです(汗)

前回、光秀に、今回、秀吉に・・・

次回は、誰に・・・(^^;)


個別記事の管理2011-02-13 (Sun)

信長の死- - - - - - - - - - - - --!!


その報告を聞いたお市は、半狂乱になりながら、江はどこにいるのかと叫ぶのだった- - - - - - - - -。



いやぁ。
先週は面白いくらい評が分かれましたねぇ。

でも、ほぼ江の登場にご不満でしたよね・・・まぁあれはやりすぎでしたもんね。


どこへ向かうか、今年の大河。

今回はひとまず光秀の最期だしってことで視聴することに。




光秀の謀反で日本は混乱。



信長を偲ぶものたちは、こぞって出家か、光秀を天下人とは認めない方向に動いたよう。

って、そうだよなぁ。


さぁて、ここから本領発揮は、羽柴秀吉!!

岸谷さんはナイスキャスティングかと思いますa




一方、江は・・・なんとか伊勢にまで逃げおおせたよう。

だが家康ともここでお別れ。


江はなんとか城へたどり着いたようだが、すでにお市たちは明智の残党を恐れ、城を後に。


そこへ野盗が。

部下どもの命と引き換えに自分が人質になるという江。


そして、野盗に向かって光秀に差し出せば手柄になるとそそのかしたのだ。



突然強くなった江。

信長の死をきっかけにってのは分かりやすかったけど、一気に歳が上がっちゃったよなぁ。


そして、光秀と再会する江。


何故謀反を起こしたのか?


「分かりませぬ」

そう答える光秀。

訳は様々ある。

だが、もはや後がなかった。


そして、光秀が出してきたのは・・・蘭丸からの手紙。


そこには、自分の後を任せられるのは、光秀ひとりであったと言う意図があった故と書かれてあったのだ。


信長の本当の心を知った光秀。
だが、時はすでに遅かった。


では、この手紙をもし謀反の前に受け取ったら・・・?

「分かりませぬ」


でも、そんな光秀にもひとつだけ分かることがある。

お屋形さまには皆が付き従う。
だが、光秀には誰もついてこない。


信長のすごさ、大きさは計り知れないということ。


自分が心底慕い、お仕えした信長の姪である江。

彼女を無事お市の元へと命じる光秀。



死に際を悟った者の表情か・・・。

そんな光秀に託す江の願いはひとつ。

天下人になったら、光秀に泰平をもたらしてもらいたい。




・・・はぁ。
本当女性視点の脚本だよなぁ?


ここで蘭丸が手紙を出してた・・・なんて。
なんて都合がいい話。

で、真意を知った光秀はいい人として死んでいくことになると。



そして、いよいよ光秀と、秀吉の戦いが- - - - - - - - - - - - -って、これで終わり?



あ、よかった。
まだ続きあったよ。

いやぁ。
フェードアウトで終わるかと心配しちゃったわ。

でも、合戦シーンはやっぱカットかよっ!!?



で、光秀には戦に勝つ気はなくて、泰平の世を望むというあたりが、なんともなぁ・・・?

完全に戦う前から負けてるやん。



ただ、やはり光秀の市村さんの演技はさすがでした。

一貫して苦悩する光秀って姿がよく出てました。

それだけは救いだった。



で、母や姉たちとの感動の(?)再会。

うわぁ。
ゴメン。
これはあまりにも定番すぎて、逆にシラケてしまったわ?


で、母に、仇である光秀を憎むことができないと告白する江。


憎むべきはこの戦の世。

「私はどなたにも死んで欲しくはありません」



だが、その日伝えられた光秀の死。

最後は坂本へ戻る前に、野盗に襲われ、武士としての死を選んだわけで・・・。




まぁ、思えば光秀も可哀相な人ではあるんだよなぁ。

ただ天下を取る器ではなかったと。




うむむ。
本当少女マンガの世界って感じの脚本。


伏線の張り方とかが、うまいじゃなく、あざとい感じがしてならない。


前回の演出ですっかり冷めてしまった感じでしかこのドラマを見られなくなってしまいましたわ・・・。


純粋に楽しめたらいいんだけどなぁ。




それにしても・・・今回も分かりやすいっちゃわかりやすい展開ありがとう。

さて、これから何を楽しみにこのドラマを見るべきか・・・迷うわ。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ アニメ・ドラマ感想ブログ ←よろしければ、ポチっとお願いいたします♪

☆つぶやいてます ◆Twitter◆


【送料無料】江の謎姫たちの戦国物語
【送料無料】NHK大河ドラマ江~姫たちの戦国~完全読本
【送料無料】NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」完全ガイドブック
【送料無料】江姫たちの戦国 【送料無料】江姫たちの戦国(前編)

【送料無料】NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック「江~姫たちの戦国~」


第1話 第2話 第3話 第4話 第5話




* Category : 大河ドラマ
* Comment : (3) * Trackback : (0) |

Re:大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第6話「光秀の天下」(02/13) * by くうふう3
>さて、これから何を楽しみにこのドラマを見るべきか・・・迷うわ。



私としては。。。蘭丸くんとトヨエツが居なくなり、もう何もないと

思っていたところ、秀次@袴田くんがカッコいいよね♪とか

そんな風にしか楽しめないな。。。と思い始めました。

後は、純粋にギャグドラマとして突っ込み続けようと( ̄∇ ̄;)



どうせ4月になったら、私ゃもう「江」レビューから撤退して

「JIN」に行こうと思っとります。

それまではツッコミ続けます~^^;


市村さん良かった! * by haru
こんばんは。トラックバックありがとうごさいました。

光秀に関しては、市村さんの演技が唯一の救いでした。市村さんのおかげで今までで一番良かった光秀でしたよ。豊川悦司の信長も先週でいなくなりました。ここは岸谷秀吉に注目したいと思います。来週は清須会議、江はどう引っ掻き回しますかね。たいがいにして欲しいけど。

http://blog.livedoor.jp/haru1106/

やはり最低視聴率でした * by ショコラ425
>ここで蘭丸が手紙を出してた・・・なんて。

>なんて都合がいい話。



これもアカラサマな創作でしたね(汗)

「このドラマはフィクションです」と、最初にテロップ入れた方がいいと思います(笑)

歴史通りのことがなんと少ないか(汗)



合戦シーンがなくて、私も拍子抜けでした。

折角、沢山の人を集めてロケしたのに、ちょっと物足りなかったですね。