FC2ブログ
07≪ 2020/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2011-02-10 (Thu)

魔法少女の契約の代償- - - - - - - - ----。



さやかと杏子の戦いに、ほむら登場!!


邪魔するなと言うふたり。

だが、無駄な争いはするなと、さやかを気絶させ、杏子の名前を呼んだほむら。


何故彼女の名前を知っているのか?


あまりにイレギュラーすぎるほむらの存在。


流石に手札が少なすぎると、杏子は今回は退散することに。


倒れたさやかを庇うまどかに冷たくいい放つほむら。

「一体何度忠告させるの。
どこまであなたは愚かなの」

ぐうの音も出ないまどかに、愚か者には容赦しないと言い残し、彼女は去ってしまうのだった・・・。


彼女のたくらみは何か?
その正体は・・・?



さやかのソウルジェムは相当真っ黒になっていたよう。
そこで、グリーフシードを使い、なんとか浄化しようとするも、まだ力のないさやかには全ては難しいよう。


そこでその代行をしたキュゥべえ。

どうやらキュゥべえにはソウルジェムの浄化の補助の役目も少しならできるよう。


・・・これって、穢れを浄化しないと死んでしまうって話?

まさか、魔女ってのは魔法少女の成れの果て・・・とか言わないよね。

だったら怖すぎるよ・・・。




グリーフシードの為に戦う杏子のやり方が気に入らないさやか。

だが、まだまだ力不足は否めない自分に苛立ちを隠せない。


だが、才能だけで戦える者がいるという。

それが- - - - - - - - ---まどか。


そこで、力が借りたくなったらまどかに頼めばと、そそのかすキュゥべえ。

だが、さやかは言う。

「これはあたしの戦いなんだ。あの子を巻き込むわけには・・・」




その頃、ほむらは杏子にこの町を任せたいと話を持ちかける。

「あんた何者だ」


1週間後、この街にワルプルギスの夜がやってくる。

そうしたら、ほむらはこの街を出て行くというのだ!!


ひとりではワルプルギスの夜に立ち向かうことはできない。
だが、ふたりなら- - - - - - - - -。


そしてふたりの間で契約が成立したよう。




夕べのは喧嘩ではなく戦い。

相手はグリーフシードの為に人間を犠牲にするような相手。
もはや、話し合いでなんとかなるレベルではないのだ。

さやかはそれが許せない。


まどかは必死に同じ魔法少女なのだから、話し合いでなんとかできるだろうというのだが・・・。


他の魔法少女だって、みんな同じようなものだと攻めるさやか。


・・・まどかの言うことも分かる。

でも、甘い。
そういわざるを得ないまどかの考え。

それに今回はちょっとイラっとさせられたわ(^^;)



「あたしは大切な人を守るためにこに力を望んだの」

そのためだったら、たとえ他の魔法少女とだって戦う!!


そう決意を話すさやかに、何を言っていいか分からず立ちすくんでしまうまどか。


キュゥべえ曰く、さやかは「無謀すぎる」

・・・でも、この言葉も、裏を返せば、だからキミも魔法少女になって友達を守ってって聞こえるもんねぇ。

怖いわぁ。



その夜、眠れないまどか。
下には寝酒を飲む母の姿が。

そこで相談してみるまどか。


「間違ってないのにしあわせになれない。

あたし・・・どうしたらいいんだろう」


「なら、間違えればいいのさ」

ずるいウソをついたり、逃げ出したり。

思い切って間違ってみるのも、綺麗な解決ではないけど、ひとつの手ではないのかとアドバイスするまどか母。


「正しすぎるその子のために、誰かが間違ってやればいいさ」


これも勉強。

まどかはまっすぐ正直に育ちすぎた。
だから、倒れ方を学んでおくのも人生経験だという母。


めちゃいい人~♪


早くママと一緒にお酒が飲みたいというまどか。

「つらい分だけ楽しいぞ、大人は」





その頃さやかは・・・・上条に会いに行く。

だが、なんとすでに退院したというのだ。



聞いてないし~(><)

ってか、あんだけ毎日のように見舞いに来てたんだから、せめてさやかには言っていけよ、上条っ?


そこで彼の家に向かうさやか。

そこから聞こえたヴァイオリンの音。

それに安心したさやかは、来訪を告げることなく家を後にすることに。


だがそこへ杏子が!!

彼女はさやかの願いが上条の癒しだったこともすでに承知。

それをくだらないと一蹴し、願いは自分の為に使うべきだったと嗤うのだ。


そして、今度こそ本当に自分のものにするため、上条の身体を自分なしでいられないようにしまえばいいと挑発したのだ!!


さやかにできないなら、自分が手伝ってやるとそそのかす杏子。


怒りのさやかは、場所を変えて戦うことに!!


そこでキュゥべえはまどかに危険を知らせにくる。


必死にこの戦いを止めようとするまどか。

同じ魔法少女が何故戦わなければならないのか?


「こんなの絶対おかしいよ!!」

更にそこへさやかが。


どうやらこの戦いは、交わした条件には含まれていないよう。
さやかには手を出すなと言っていたよう。


だがその時、まどかはさやかの手から彼女のソウルジェムを奪い、陸橋の上から投げ捨てたのだ!!

こうすれば魔法少女に変身できないと思ったのだろう咄嗟の行動。



だが・・・突然力を失い、崩れ落ちてしまったさやか。

必死にさやかの名を呼ぶまどか。

その首を捕まえた杏子も、驚きを隠せない。


「死んでる- - - - - - - - ----」


これはどういうことなのか!?

杏子も分からない現象のよう。



いち早く動いたのは、ほむら。

さやかのソウルジェムは、トラックの荷台へ落ちてしまったよう。
そのトラックを追いかけて行ったのだ!!


・・・魔法少女ってそんな瞬歩みたいな動きもできるんだね。




そんな状況を、傍観していたキュゥべえ。

むしろ、何故驚くのかという雰囲気。

だが、あれはまずかったと、まどかをたしなめたのだ。

身体をコントロールできるのは100m前後だというキュゥべえ。


「さやかちゃんを死なせないで!!」

必死に言い募るまどか。



だが、キュゥべえは言う。

外見に意味はないと- - - - - - - - -。



そう、身体は器。

魔法少女になった時点で、すでに彼女たちは、肉体を失っていたのだ!!



キュゥべえの役目は、契約した少女の魂を抜き取って、ソウルジェムに替えること。

こうすれば、この宝石を傷つけられない限り、器である肉体は、外付けHDDのようなもので、治せば何度でも使えるというのだ!!



なんという過酷な真実!!a

どうやらこれは杏子も知らない事実だったよう。


自分がすでに肉体を持たないという事実- - - - - - - - ---。


「酷いよ!!」

泣きじゃくるまどか。
だが、キュゥべえにすれば、何故そこで泣くのか分からないよう。

今までもこうやって真実を告げた少女たちは、皆同じような反応だったという。

「どうして人間はそんなに魂のありかにこだわるんだ!?」



・・・キュゥべえにすれば、魂が別にちゃんとあるんだからいいんだって感覚なんだろうね。

肉体は所詮器なんだから、挿げ替えられるという、いわゆる消耗品感覚なのかもしれない・・・。


この感覚の差にゾッとした。
怖いよ。




そして・・・無事さやかのソウルジェムを取り戻してきたほむら。

その宝石をさやかの手に置くと- - - - - - - - --。



突然目を覚ましたさやか。

驚きを隠せないまどかと杏子。



そんな周りを見て、さやかも現状がつかめないでいるよう。

「何?なんなの?」





なんてシビアで過酷な世界!!

すごいなぁ。

今回はちょっと背中に戦慄感じたわ~(><)


キュゥべえ怖っ!!

後からそんな驚愕の事実を知らされてもさぁ・・・。


魔法少女になってしまった少女たちはもはや人間ですらいられないのか・・・。

なんてこったい。



では、もしやイレギュラーというほむらは人間のままってことなんだろうか?

そんな気がしてしまった。



で、この結果を知った上でまどかはどうするのか?だよなぁ。


それに気になるキーワードの「ワルプルギスの夜」

これが一体何なのか。



だんだんこの世界にどっぷり惹きこまれてる気がする。

すごい作品ができたってことだよなぁ。

これは本当続きが気になってきた!!

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ アニメ・ドラマ感想ブログ ←よろしければ、ポチっとお願いいたします♪

☆つぶやいてます ◆Twitter◆


TVアニメーション 魔法少女まどか☆マギカ B2タペストリー[ブロッコリー]《予約商品03月発売》


第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

5537 HIT/2/36




* Category : 花咲くいろは・DOG DAYS/オリジナルアニメ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

一番得をしているのは? * by YHY
ソウルジェム=魂なら「魔法を使う度に魂が穢ていき、やがて魔女になる」というのも判る気が。

キュウべぇはソウルジェムの穢れは吸収出来ない?が、魔法少女に倒された魔女のグリーフシードは

吸収出来るんですよね。

さて、一番得をしているのは誰?

ほむらは特別、なんでしょうか * by mkd5569
1話できゅうべえを追っていたほむらも、

このことに気がついたからだったのかな。

魔法少女の秘密が少しずつわかってきて

まどかはどうするのか、次もたのしみです。




個別記事の管理2011-02-06 (Sun)

危険なので、花火は気をつけてやりましょう(^^)



最初はやっぱギャグか。

寮でみんなで花火大会!!

これにはワコやスガタも参加して、花火が消えるまでに、順番に告白大会になってるようですが・・・タクト弱すぎ(><)


でも、そこへ突然乱入してきたコウとマドカのおかげで、なんだか敵対心むき出しのベニオは、ふたりに向け花火を発動!?

受けてたつコウとマドカ。


お前ら、どこからその花火出してきたたんだよ(><)


だが、危険と判断し、花火を退避させようとしたのだが・・・なんとその箱を、よりによって火の上に落としてしまったタクト。

当然花火が引火。


そして、狙ったように、窓が開いていたタクトの部屋に飛び込んだ花火のおかげでタクトの部屋が火事に!!


幸いけが人はいなかったけれど、しかられた全員。

ボヤにあってしまったタクトは、家財道具一式すべて焼けてしまったよう。
行くあてもないタクト。


「うちに下宿させます」

って、タクトはスガタの家に下宿することに!!

わおっ♪

これは萌えシチュ~!!?


でも、さすがにメイドさんに背中を流してもらうのは勘弁~(><)


教科書なんかはいつでも用意できる。

だが、タクトにとって、懐中時計だけは大切なもの。
ポケットに入れていたのでこれは無事だったよう。


ひとまずスガタが昔使っていた部屋を貸してくれたのだが、そこは小さな頃の思い出がたくさん詰まった部屋。

天井には模型飛行機。
ワコの描いたらくがき。

昔は毎日ここで遊んでいたという。


そして、ワコと一緒にスガタのアルバムを見せてもらうタクト。

そこにはワコと一緒に歌っているケイトの写真が!!


どうやら昔、3人は仲がよかったよう。

・・・ケイトは自分がひが日死の巫女だと知って、もしかしてふたりと距離を取り出したのかもしれないね。
それに、スガタとワコは婚約者なわけだし・・・。


ケイトの秘めた想い。

切ないなぁ。



タクトがスガタの家に下宿することになり、自分のうちへ来てもいいのよと、誘いをかけるカナコ。


「火遊びなら、わたくしとすればいいのに」


・・・あんたが言うとシャレにならないし、ボヤどころじゃすまないでしょ(><)



そして、子供の頃の写真を見せてもらったことをケイトに話すタクト。


10年くらい前の話よと、ワコとアイドルユニットになる事を夢みていたことを笑うケイトでしたが・・・。


わははは!!Ф

なんだよ、これ!!
ケイトってば、ひとりカラオケで、めちゃノリノリで振り付きで歌ってんじゃん♪


だが、その時、パフェを持ってカラオケルームに現れたのは・・・タクト。

「イッツ・ア・ワンダー・・・a

って、タクトは今日からケイトの家であるカラオケ屋で、焼けてしまった家財の為にバイトを始めたよう。

「タマヤ・・・・」


固まってるケイトに、こちらも動揺を隠せないタクトでした(^^)



ま、タクトだから、誰かに言いふらすことはしないだろうけど。

ちょっと秘密がばれてしまって、バツが悪いケイトでした(^^)





さて、ミズノが抜けて、キャンペーン月間になった演劇部。


中庭で柔軟体操♪?

タクトとスガタを見てきゃ~きゃ~叫んでる生徒たち。

自分たちより人気があることが許せないマドカとコウ。



狙いは完全にふたり。
本物のシルシを持つ二人なら、サイバディがなくとも、別の力を発動することができるよう。


そこで、木刀で稽古を始めたふたりの様子を伺うウインドスターたち。



稽古に付き合って、勝てば家賃をまけてやるというスタガ。
俄然やる気のタクト。

「行くぞ、大家!!」
「来い、居候!!」

いいなぁ、このたとえ♪



だが、その稽古の最中、ウインドスターの世界に引きこまれてしまうふたり。

ゼロ時間ではない空間。

だが、この世界では、すべての者がウインドスターの姿に見えてしまうというのだ!!

「同士討ちにならないようにね」

そう笑うウインドスター。



だが、スガタは余裕♪

「自分が識別できれば十分だ」


そして、王の力を使うスガタ。

第1フェーズを使う人は気をつけましょうって、容赦なくタクトを焼いてるし(わははФ


どうやらその力に焼かれたウインドスター。

髪の毛まで焦げてるし(><)

傷に薬を塗ってもらいながらも、スガタは侮れないって、喜んでるウインドスター。

こいつは絶対Mだなaa




ひが日死の巫女の役目とは- - - - - - - - -?

だが、それは強制ではないというヘッド。

・・・ってことは、この行為をヘッドは知ってるってことか。
やっぽこの人、全部を知ってる人なんだろうなぁ。

胡散臭いし、一体誰なんだ?




タイガーと、ジャガーの待つ、スガタの屋敷の秘密の通路に通されたケイト。

そこには、深い眠りについたスガタが布団に横たわっていた。

「スガタくん・・・」


そして彼女は・・・白い浴衣を脱ぎ、裸になるのだった- - - - - - - - ---。



えぇぇぇぇ!!?
何、やっぱスガタが力を使った代償は、巫女が負ってるって話??a

巫女の力で、スガタを癒すとか、そういう行為なわけ?


で、それをおそらく自らが、大好きなスガタの為に受け入れたのであろうケイト。


それを知ってるヘッドって、どういう繋がりがあるのさ~(><)


こうなると、あの眠ったままの人の存在が気になるよなぁ。



うう。
ケイトってばスガタに一体なにをしてるんだか。


いやぁ。
また面白い関係と繋がりが出来てきたなぁ。


同居萌えもしばらく楽しめそうだし、また巫女の使命とか、ここで判明しだすのかしら。


次回めちゃ気になるっ!!


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ アニメ・ドラマ感想ブログ ←よろしければ、ポチっとお願いいたします♪

☆つぶやいてます  ◆Twitter◆



【3月発売予約】バンダイ ROBOT魂 -ロボット魂-〈SIDE CB〉 STAR DRIVER 輝きのタクト タウバーン

【送料無料】STAR DRIVER 輝きのタクト 銀河美少年伝説 【予約特典:南十字学園スペシャルディスク】


第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話

第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話




* Category : 花咲くいろは・DOG DAYS/オリジナルアニメ
* Comment : (1) * Trackback : (0) |

こんばんは! * by 李胡
なぎささんこんばんは!

冒頭のギャグシーンはまたとんでもないことになってましたね~

花火が原因のボヤ騒ぎでスガタと同棲することになるとは~

またいろんなところでネタにされたりしそうな予感が(笑)



>もしかしてふたりと距離を取り出したのかもしれないね。

自分が巫女だとわかってからアイドルになる夢も諦めようとしたんですかね…

しかし結局それができずにこっそり家で練習してたのかなと!

それもスガタが喜んでくれたことを覚えていて…というのが(汗)

意外な一面を目撃されたときのケイトの動揺っぷりがなんだか可愛かったです♪



>巫女の力で、スガタを癒すとか、そういう行為なわけ?

なんだかそんな感じで…この続きが気になって仕方ないです(苦笑)

ケイトもスガタを目覚めさせることができるのならということで

綺羅星に在籍してるということもあるんでしょうか

全部わかっていて利用してるとなるとヘッドはやっぱり腹黒い~(ぁ)

どこまで把握してるのか気になるところですが、あまり隠し事が

多いと他のバニシングエージのメンバーが独断で行動しそうな感じも…

ではでは、お邪魔しました!

個別記事の管理2011-02-03 (Thu)

祈りは遂げられる- - - - - - - - - - - - --!!


ついに魔法少女になると、キュゥべえと契約を交わしたさやか。


「さぁ、受けとるといい、それがキミの運命だ- - - - - - - - ----!!」


胸に集められた光の玉。
それが契約の証!!



次の日、大きなあくびをしているヒトミ。

昨日は夢遊病か何かかと、検査ばかりだったそう。


ヒトミは今日も検査。

どうやら集団催眠のようなものだと思われたよう。



笑ってその話を聞くさやかを、悲しい目をして見てるまどか。
そして、厳しい目を向けるほむら。


帰り道。
川原でまどかはさやかに尋ねる。

「怖くないの?」


でも、あの時、さやかは友人たちが殺されてしまう方が怖かったと答える。


後悔はないのか?

「迷ってたことが後悔かなぁ」


そう。
自分がもっと早くこの決断をしていたら、あるいは・・・。


マミの死。

それがやはり彼女にも大きくのしかかっているよう。



それでも今はもう違う。

「願い事みつけたんだもん」

だから、後悔はしない。
それがさやかが出した答えなのだから。


まどかは魔法少女にならなかったという引け目を感じなくてもいい。

そう言って笑うさやかだった・・・。



あぁ。
でもそういわれても、大切な友人が危険な世界へ飛び込んだことは目に見えている。
心配だよね、まどかとしては。



その頃、上条は・・・。

やはりさやかの願いで、身体が治ったよう。

「奇跡だよね」

そんな彼を見て、嬉しそうなさやか。

そして、屋上へ上条を連れて行くさやか。


そこで待っていたのは、上条の関係者ばかり。
両親や医者、看護士。


父が持っていたのは・・・処分してくれと頼んだヴァイオリン。

それを再び手にした上条。

足はまだリハビリが必要だけど、腕は大丈夫って事で、ヴァイオリンを弾いてほしいと、みんなからのリクエストに答える上条。


その演奏・・・以前と変わらない。


「後悔なんて、あるわけない。
あたし、今、最高にしあわせだよ」


これがさやかの願い!!

あぁ。
これは嬉しいよねぇ。

でも、その代償は大きい。

命をかけて戦わなくてはならない日々なのだから・・・。



そんなさやかを見ていたのは・・・・新しい魔法少女・杏子。


さやかと事を構えるというのだが、キュゥべえは、そんな簡単ではないと忠告。

それに、ここには、ほむらというイレギュラーの魔法少女もいるのだ。


彼女はどうやらキュゥべえにも予測できない存在のよう。

ほむらは一体何者なのか?
その契約者は誰なのか?

目的も含めて気になる存在です。




だが、そのほむらしか今のまどかには頼るべき存在はいない。


魔法少女になってしまった親友。
協力して、ふたりで魔女を倒せば少しは安全じゃないのかと頼むまどか。


だが、ほむらは断言する。

「さやかのことはあきらめて」

契約すべきではなかったと言うのだ。


それをとめられなかったのは償いきれない自分のミスだと認めるのだが・・・協力するつもりはないようで。



自分ではもうさやか救えない。

その想いから、さやかには自分はもう足手まといでしかならないかもしれないけれど、魔女を探すパトロールに付き合うことにしたまどか。


それを心強いと感謝するさやか。


そう。
いくら魔法少女になったといっても、まだ新米。

それにマミのような人でも命を落とすような危険な戦いなのだ。

不安に思わないわけがない。


本当は震えているというさやか。

だからまどかの存在がいれば、守らなくてはと思えるし、何より一緒にいてくれるだけで心強いのだ。


だが・・・。

「最悪の事態に備えた切り札を用意できる」

そういうキュゥべえ。

まどかなりの考えがあるんだろうといって、肯定してるけど、キュゥべえの言ってることって、なんかすごく怖い。


いざとなればいつでも魔法少女にしてあげるよって話だもんね。

なんか、どんどんキュゥべえの存在が胡散臭くなってきたわ~(><)



そして、魔女ではなく、使い魔の結界を発見した3人。


さやか変身っ!!?



今日はクレヨンで描いた絵の使い魔。


だが、その使い魔をしとめようとしたその時。

使い魔を逃がしたのは・・・杏子。

「グリーフシールドを持ってない使い魔なのよ」


アレを放っておけば、人を喰らい魔女になってしまう。
その前に狩るべきだというさやかに、京子はわざと人間を4,5人食わせて、魔女にしてしまえと言い出したのだ!!?a

そうすればグリーフシールドが手に入ると、結果しか考えていない発言。



そうか。
魔法少女の中には、特典目当てでそういう考えで戦ってるやつも居るってことか。

確かに報酬はほしい。

でも、人を犠牲にしてまでそれを得るものなのか!?

魔法少女の正義はどこに- - - - - - - - ---!!?




弱い人間を魔女が食う。

そして、それを魔法少女が食う。

それが食物連鎖だという杏子。


余裕で、たい焼きを食べながら戦いを続けて、さやかに忠告する杏子。

「遊び半分で首突っ込まれるの、本気でムカツク」


言ってきかないなら、実力行使だと、攻撃を仕掛ける杏子。
それを受け止めるさやか。

「負けない!!負けるもんかぁ!!」



危険だからと、結界の外で見ているしか出来ないまどか。

何故味方どうしで戦うのか?


だが、キュゥべえは言う。

この争いを止めるには、魔法少女ならできると!!


・・・これって、誘導?
なんかキュゥべえが怖いa

狙ってまどかにそう仕向けてるようにしか見えないよ。



「終わりね」

そして、杏子にとどめを刺されそうになったさやか。

思わずキュゥべえに契約を口にしそうになるまどか。

だがその時。


「それには及ばないわ- - - - - - - - ----」


現れたのは- - - - - - - - ----ほむら。





そっか。

ここにはもう一人魔法少女がいたよ

あ~早かった。
今回は30分がめちゃあっという間だったわ。


集中してみてたわ~♪

それだけ面白くなってきたって話なんだろうね。


まだ魔法少女にならないまどか。
でも、逆にそれだけ重い何かが待ってるって気がしてならない。


その願いを口に出す日がいつなのか。

逆に簡単ではないからこそ、その使命の重要さがよく伝わってると思う。


魔法少女になって戦うシーンが早く見たいってのもあるけど、その選択が軽くては、序盤で、大切な仲間になったであろうマミを殺した意味がないと思う。


私的には、まどかがどんな願いを言うのかってのが、この作品の最初の山場になるんだろうなぁと。


今からそれを思うとワクワクしちゃう♪

これってのを是非きちんと見せてほしい。

願わくば・・・でもそろそろかなぁ。



で、キュゥべえだよなぁ。
こいつがものすごく曲者だわ。

可愛い顔して、怖い怖い。

これって完全に見かけに騙されるって話だわ。




で、おお、今回のイラストはゆーぽんさんだ!!

めちゃ可愛い~?

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ アニメ・ドラマ感想ブログ ←よろしければ、ポチっとお願いいたします♪

☆つぶやいてます ◆Twitter◆


TVアニメーション 魔法少女まどか☆マギカ B2タペストリー[ブロッコリー]《予約商品03月発売》

Kalafina カラフィナ / Magia TVアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」エンディングテーマ 【期間生産限定 描き下ろしアニメケットジャケット盤】 【CD Maxi】
【送料無料】魔法少女まどか☆マギカ 1【Blu-rayDisc Video】


第1話 第2話 第3話 第4話

5035 HIT/3/43




* Category : 花咲くいろは・DOG DAYS/オリジナルアニメ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

まどか未だに未契約。 * by オラクル
・主人公であるまどか、いつになったら魔法少女となるのだろうか?。視聴者かなりひっぱるような感じでかなり歯がゆい。しかし早く魔法少女にならないと彼女も死亡フラグに足を突っ込みそうで見ているこっちも不安になる。しかも、仮面ライダー王蛇のような戦い好きな魔法少女登場で、ますます仮面ライダー龍騎と同じ世界観を思い出させる。

ほむら、きになりますね * by mkd5569
きゅうべえにもわからないほむらの存在。

1話目ではおいかけられていたわけですが

どういうことなのか、気になります。

まどかが契約するのは最終回あたりかも?