08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-03-08 (Tue)

人質を取って立てこもりを始めた塚原- - - - - - - - ----!!


疑心暗鬼になる塚原は、もはや寺西の言葉すら信じられない。
妻にも見捨てられ、子供にも父と名乗ることもできない。


真犯人をここへ連れて来い。

塚原はそうしなければ人質を解放しないと宣言するのだった・・・。



保護司の蓑田まで呼び出して説得をする。


だが、もうここまで来てしまったらどうしようもない。

「チクショー!!」


里央はそんな塚原に条件を出す。

「あなたを信じる」

だから自分たちの課が必ず真犯人を見つけるから、一般人は開放してあげてほしいと。



そして、人質を解放する塚原。

だが、強行突破をしようとする上層部。


その間に、里央は塚原に三角割りの技術を誰かに教えていないか尋ねる。

すると、塚原は刑務所で一緒だった男ふたりに教えたというのだ。



そこでそのふたりを取り調べるも・・・ふたりはシロ。



人生はどこからでもやり直せる。

そう蓑田は教えてくれたけれど、前科者には世間は厳しい。

生きていくことはできないのだ。



だが、それでも諦めていない者がいる。
寺西は必死に事件解決のため走り廻る。


4件目の家を見に行ったという塚原。

自分が犯人なら絶対選ばない家だった。


それは空き巣のプロなら絶対選ばない家だという。
それが気になるという塚原。


すると、杉浦もまた同じ意見なのだ。

空き巣に入られにくい家。
そこに何か共通点があるはず。


それに気づいたのは、南雲教授!!


そう、4件とも最近リフォームした家だったのだ!!


そのリフォームを請け負ったのは- - - - ----蓑田工務店。



うわぁ。

これは切な過ぎる(><)


一番信じていた保護司に裏切られてたなんて!!a


どうやら蓑田の工場は借金を抱えていたよう。
そして借金返済の為に空き巣に入ったというのだ。




塚原の夢は、妻とやり直して、娘と3人で一緒に暮らすこと。

そんなささやかなことだったのに、もうそれすらできない。

焼身自殺をしようとする塚原。


里央を開放し、逃げろと言うのだが、里央は必死に説得を続ける。


「あなたの潔白を証明するために、私の仲間が必死に探してる!!」


その時聞こえた蓑田の声。


「人生はどこからでもやり直せる。
今度はそれを私に証明してみせてくれないか」

「俺はやってない!!」

真犯人をここへ連れてこなければ出ないと言い張る塚原に蓑田は告白する。


「真犯人ならここにいる」

すべて自分がやったことだと告白する蓑田。



信じられない真犯人。

何故?
どうして。



だが・・・約束通り倉庫から出てきた塚原。


彼を連行したのは、寺西。

「ありがとう」

そう言い残し、笑顔で連行される塚原。

里央はほっとしたように寺西と、南雲と視線を合わせるのだった- - - - - - - - ----。




凶行犯捜査課のメンツも保たれ、課長の上層部へ向けた「目障りです」もなかなかキマってたし、若干中だるみっぽいシーンもありましたけど、最後まできっちり見せてくれたんじゃないかな。

後半になってようやく事件も、そして見せ方もよくなってきたんじゃないかと。


まぁ、こうなると心理学関係ない単なる刑事ドラマなんですけどね(^^;)
そうするしか流れが作れなかったって話なんだよね。



それにしても今回は一番犯人であってほしくない人が犯人で・・・。

酷い話。

でも、ここからどう塚原が立ち直るのか。

家族と一緒に・・・と願わずにはいられません。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ アニメ・ドラマ感想ブログ ←よろしければ、ポチっとお願いいたします♪

☆つぶやいてます ◆Twitter◆


【送料無料選択可!】フジテレビ系ドラマ『CONTROL 犯罪心理捜査』オリジナル・サウンドトラック (仮) / TVサントラ (音楽: 井筒昭雄)


第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

7966 HIT/2/23




関連記事
スポンサーサイト
* Category : TVドラマ感想
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。