05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-04-02 (Sat)

連載会議の開始- - - - -!!


運命の時。

このために頑張ってきた金未来杯と今までの努力。

さぁ、連載を勝ち取るのは一体誰だ!?




会議は今回はまれに見る接戦。

編集長曰く、面白いものはなんでも「あり」

そこで第1審査の結果、13人中「あり」が今のところで7本。


そして、隠し玉を持っていた吉田(子安さ~ん♪?)のイチ押し新人は平丸。

なんと彼はマンガというものを全く見たことがなかったという全くの新人。

電車の網棚に置いてあったジャックを読んで、これだと思い、会社を辞め、たった1ヶ月でマンガ家になることを決めて、スクリーントーンすら知らない状況で投稿してきたよう。

彼は天才。
だからそれを埋もれさせるのは惜しいと熱弁する吉田。



普通は2~3時間で終わる会議なのに、長い時間待たされて、どんどんネガティブになる最高と秋人。


二人がネックになるのは「若すぎる」「高校生」って事。

でも、それを承知で、ふたりは服部さんすら説得してきたのだ。

ノルマとなる課題もこなし、その実力を証明してみせたのだから!!



でも・・・待っても待ってもこない電話。

それは編集も同じ。


トランプしたりして気を紛らわせるけど、それも一時しのぎで、全く集中できないよう。


そして- - - - ----夜になってようやく終わった会議。


秋人へかかってきた電話。
ドキドキの服部さんの一声は- - - - - - - - -。

「おめでとう!!」



いよっしゃぁぁぁぁぁぁ!!


一緒になって喜んじゃったよ(^^)



今回ふるい落とされた「あり」の中で、結局連載は4本。

お互いがお互いに感謝する秋人と最高。

「これからもよろしく頼む、相棒」

これは嬉しいよね~♪
思わず泣いちゃう香耶でした。

あぁ、そう、早く亜豆にも連絡しなきゃね(^^)



でも、勝ち取った者がいれば、落ちた者もいるのだ。


福田さんはオシのキャラが居ないということで後一歩。

そして蒼樹さんと中井さんも、やはり「少年誌」と言うところで引っかかってダメだったよう。

少し考える時間がほしいと願い出る蒼樹。

これはまた今後色々煮つめてきそうですね。



福田さんからもお祝いの電話をもらう最高。

次は自分の番。
それまで連載を続けて、待ってろよと暖かいエールをくれたのだ。


そして、エイジからも。

「連載して待ってました」

これからはよきライバルとして、一緒に連載を頑張って行こうという話に。


中井さんも福田さんも今回はダメだったけど、でも、すっごい笑顔!!

「おめでとう」っていえる仲間の気持ちが嬉しいよね(^^)

今度はふたりが連載デビューがんばれ!!



両親は・・・母は心配ばっかだけど、祖父と父は理解をしてくれたよう。

夢が叶ったのだから、今度はそのための応援だね(^^)



「おじさんがいたから夢をみられた。

シュージンがいたから、踏みだすことができた。

そして、どんなにつらくてもあきらめずにがんばることができたのは

・・・亜豆がいたから」



そこで、亜豆の前の家に向かった最高。

すべてはここから始まった。


ここで亜豆に夢を話し、そして待ってると約束をもらった。

ここからまた頑張れる!!



すると突然知らない番号から電話が。

「亜豆です」

なんと亜豆からの電話!!?a

直接言った「おめでとう」の言葉。


勇気を出して電話をしてきてくれたよう。
亜豆的にも、前回切ってしまった電話が申し訳なかったようで。


電話ならしゃべれる。
それが嬉しいという亜豆。

いつかずっと一緒にいられるために、夢の現実の為に、ここからまた頑張ろう!!




そして、連載の打ち合わせに、今日はアトリエに服部さんが来ることになったよう。

そっか、もう連載持ちだもんね。
編集部に自分たちで行かなくてもいいんだ。

なんかドキドキするね~(^^)


だが、やってきたのは、服部さんと港浦という、ジャック配属2年目の編集さん。

なんと、今度の連載から彼が亜城木夢叶の担当になるというのだ- - - - ----!!



って、こんなところで終わりですか(><)


まぁ夢の続きは第2シリーズで♪ってのが決まってるからできるラストですよね。



でも、最終回に連載会議で1話使ってしまうあたりはすごいなぁ。

本当なら延々と同じことで、待つだけ状態で退屈なんだけど、それを緊張感あって見せてくれたし、時間は割とあっという間だったわ。



前半はちょっとなぁな部分もあったけど、マンガを描きだして投稿しだしてからは一気に話も動いて面白くなってきたかと。

エイジのアシスタント行ってからは特にね。

福田さんと中井さんというキャラも加わってライバルの存在がすごくいい感じでしたし。



まぁ、ひとつ言えば、メインを最高と亜豆の恋話にしてしまうと、この作品はつまらなくなるって事ですよね。

恋話はあくまで脇で、メインはふたりのマンガを描く過程とか、その結果とかで続けてもらえたらと思います。



ジャンプのぶっちゃけ話も面白かったですし、編集さんとかリアルですしね。
そういう裏の面でも楽しめた作品でした。


2期は秋かなぁ?

放送楽しみにしてます~♪


その前に原作に手が伸びそうで怖い(><)
マテ自分っ!!

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ アニメ・ドラマ感想ブログ ←よろしければ、ポチっとお願いいたします♪

☆つぶやいてます ◆Twitter◆


【送料無料】バクマン。キャラマン。

聖ビジュアル女学院合唱部 starring 早見沙織と聖美女隊/TVアニメ バクマン。 作中作 聖ビジュアル女学院高等部 絶対☆少女主義!!(CD)
[CD] 森久保祥太郎(KOOGY)/TVアニメ バクマン。 KOOGY CD

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話

第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話 第19話 第20話

第21話 第22話 第23話 第24話




関連記事
スポンサーサイト
* Category : バクマン・レベルE・テガミバチ/ジャンプ系
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。