08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-02-27 (Sun)
お市が嫁ぐことに- - - - - - - - ----!!



三法師を使い、裏から天下を取ろうとしている秀吉を止めるため、柴田勝家に嫁ぐという母。

それに納得できない茶々たち。



まぁ、いきなりこんなオッサンが父になられてもね(^^;)


その婚儀の後、父・長政の最後の地を訪れたお市と娘たち。

ここは自分が生まれた城。

でも、娘たちは辛らつ~(><)

父に再婚の許しを得ていたのかとか、ちょっとそれ言いすぎじゃないのか?



だが、琵琶の湖もはや見納め。
その後、越前へ向かった4人。


勝家はやはり今まで通りに仕える形の口調が直らないし、茶々も初も反発しまくり。

唯一、江だけが初めてできた父に従おうとしている感じですねぇ。


救いは勝家はとても誠実でやさしい男だということ。

お市の思わくもちゃんと理解した上で、それでも少しでも想いを寄せて欲しいと願い出るあたりが、その人となりを示していたなぁ。

素直だと思うよ。


娘となれ、父と思え。

娘たちにそういう前に、まず自分の気持ちだといいう話だということに気づいたお市。


だが、やはり父は長政ひとりと、それを受け入れられない茶々たち。


江は、今まで父と呼ぶ者はいなかった。

そこで、勝家を父と呼ぼうと試みるも・・・。


「ちちちち・・・」

って、鳥の鳴きまねっすか(^^;)

定番だなぁ。


己の歯がゆさに、思わず馬を走らせる江。



だが、途中で雷鳴が鳴り、雨が降り始めてしまう。

道に迷った江を探しに、勝家自らが探しに出かけることになるのだが、見つからない。


それでも、己の命に代えても探し出すといってくれる勝家。



次の日。

戻って来た江。

荒寺で過ごしていたと、陽気に話す江に対し、勝家は容赦ない平手を食らわしたのだ!!


与助と言う男の前に連れて行く勝家。


彼が、姫を見失ってしまったと・・・。

もし江が戻らなければ、与助は打ち首になっていたというのだ。


「わびよ!!」

そう命じる勝家。


江は自分のしたことを、ようやく理解する。

勝家は、上に立つものは常に下のものに支えられていることを知れと、身をもって示したのだ。


そして、最後に江に怪我がない事を確かめ、その身体を抱きしめ、よかったと涙するのだった・・・。


飴と鞭。

そして、愛情。

力一杯抱きしめられた江は、勝家に父を感じたよう。




おや、うっかりいい話になってるじゃん。


そして、この一件以来、すっかりこころを許した娘たち(←早っФ


勝家を父と呼び、新しい家族ができたよう。


うん。

こういうのもありか。


しあわせ~ってオーラが漂うラストで、今後の戦の前のひと時の安寧ってことで。


今回はまぁ突っ込み所も少なかったんじゃないかしら。


こういうベタでもしっかり何かを感じさせてくれる演出は好きな方。


あまり奇抜なことをしないで、コメディ路線でもいいので(←オイ)
そういうのを大切にしてほしいなぁと。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ アニメ・ドラマ感想ブログ ←よろしければ、ポチっとお願いいたします♪

☆つぶやいてます ◆Twitter◆


【送料無料】江の謎姫たちの戦国物語
【送料無料】NHK大河ドラマ江~姫たちの戦国~完全読本
【送料無料】NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」完全ガイドブック
【送料無料】江姫たちの戦国 【送料無料】江姫たちの戦国(前編)

【送料無料】NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック「江~姫たちの戦国~」


第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話




関連記事
スポンサーサイト
* Category : 大河ドラマ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

Re:大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第8話「初めての父」(02/27) * by くうふう3
あまりにもみんなの態度が急変しすぎで。。。( ̄∇ ̄;)

どう見れば良いのか解りませんでしたわ~(⌒▽⌒)



次回はもう戦ですって。早いですね。

大地さんの出番も終わりだわ~。

こんばんは♪ * by ショコラ425
私も平手打ちで親子の家系が深まるの、結構、良かったと思います♪

ベタですが(^^;)



いっそのこと、こういうようにホームドラマに徹した方が無難かもしれませんね。(^^;)

「篤姫」の作者だから、それは皆、覚悟してると思うので(笑)


コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。