10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-02-25 (Fri)
久しぶりの地面。

ようやく地上へ降り立ち、一息ついたグラニッツ一家。



すっかり打ち解けたネッサ。
湖で遊ぶ子供たちと一緒になって、実はフリュネもハメを外したいと、素っ裸で湖に飛び込んだのだ!!?a



あらら。
結構自由奔放な子なのね。


これは意外だった。


だがそこへクレインが呼びにやってくる。
またもHの称号をもらってしまったクレイン。


だが、はしゃぐみんなを狙う、一台のレトロなデジカメを持った男が!!


思わずビンテージものだと叫ぶクレイン。


だがその人、圏外難民のよう。

なんでも、フラクタルに放り出された電波の届かない、自活できない人々のことをそういうらしい。

でも、彼らは結局フラクタルに頼り切っていたため、新しい圏内を見つけるために移動を続けているというのだ。


その時、颯爽と車に乗って現れたのは・・・白い髪のディアスという男。


彼らはアラバスタと言うロストミレニアムだという。

食料を配給し、フラクタル難民を受け入れると言い出すディアス。



スンダとは知り合いのようですが・・・彼は一体何者なのか?

自分の意思を失った人々は、自活できないため、彼についていくことに。



だが、その一方で、ビンテージのデジカメを持っていた男についていくクレイン。


彼の家は、小高い丘の上にあったのだが、なんと、そこは原始的なアンテナが立ち、部屋の中にはビンテージものの宝が!!


目を輝かせるクレイン。

それらが見たくて、クレインはこの偏屈親父と友達になりたいと言い出したのだ。



「お前は何も分かっちゃいない」

そういう男は、夜明けにもう一度ここへ来いと言い出す。

今日は新月。

一体何があるというのか。



スンダに見張りを命じられたクレイン。

だが、それを放って、クレインは彼のうちへ向かうのだが・・・。



それを目撃してしまったフリュネ。

クレインがそこまで興味を持った男と話がしたいと、無理やりついてきたのだ!!



その途中、野営をしているアラバスタのロスミレたちを目撃したふたり。

そこでは炊き出しが行われ、人々に食事が振舞われていた。

更に、伝染病の予防接種を無償で与えていたのだ。



感心するクレインですが、フリュネはグラニッツの方がいい人たちだと譲らない。


そこで二人ともなんだか意地になってしまい、走り出してしまう。


そして、親父の家にたどり着いた頃には、肩で息をするほど必死になっていたよう。


彼が案内してくれたのは、あのアンテナの上。


「もうすぐ見せてやる。どんなビンテージよりもすごいものを!!」


新月は電波が一時的に強くなる時間。

それを受けたアンテナが作り出したのは- - - - - - - - -美しい町並みが揃った世界!!



どうやらこれはバルーンが落ちる前のここらあたりの景色だという。


彼は以前のこの景色を取り戻すために、たったひとりで電波を求めて戦っているというのだ。


だが、彼は身体を病んでいるよう。


「その目で見て来い、真実を」


そしてフリュネと一緒に降りた町。


そこではこの景色を喜ぶ人々と、全く見えてない者の二手に分かれていた。


そこへやってきたディアス。


先ほどの注射は、なんと、簡単なターミナル除去装置。


つまり、見えない者たちは、すでにターミナルを失ってしまっているということ。

それでは二度とフラクタルへ戻れない。

だが、そうするように仕向けるための強制的な処置だったのだ!!?a


「一緒に戦おう」

ディアスはやさしく言うのだが、彼らにはすでに選択肢はないも同然。

彼らはフラクタルと強制的に戦わせるための人員なのだ!!


ディアスは言う。

「どこへも逃げられないよ。
心配ない。僕たちが助けてやるよ」


なんと。

まさに飴と鞭。

というよりは餌か。


タダより怖いものはないねぇ。

そんなロスミレがあってたまるかって事ですか。



半ば強制的に仲間を増やしているアラバスタ。

しかも逃げる者は容赦なく射殺しているよう。



なんて組織だ(><)

そりゃグラニッツのやり方とは全く違うね。



それが真実。

では、一緒に行こう。

そう誘うクレインに、男はここから動くことはできないと答える。

彼にとって、この場所こそが思い出そのものなのだから。



そして、仲間になった記念と言うことで、あのカメラをプレゼントしてくれた親父。

それを嬉しそうに抱えたクレイン。


同じ趣味を持つ、たったひとりの理解者。



そして、船に戻ったフリュネは、彼の家から盗んできたものをエンリに見せる。

それはクレインの写真。

笑顔の彼がたくさん写されていた。


そして- - - - ----小さな赤ん坊とその両親。


フリュネはその赤ん坊を知っているという。


それは- - - - - - - - ---。



そう、この人こそクレインの父。

って事なんだろうね。

だから同じものを好きになって、同じ趣味を持っていた。



でも、自分がそうだと明かさないのも、何か理由があるんだろうなぁ。

そうと知らない再会。
息子の為にも、昔の景色を・・・って話なんでしょうかね。


なんだかほっこりな最後でした。


ってか、フリュネがどんどん分からない子になってってるんですがっ(><)


相変わらず作品自体の方向性がよく分からないし、ひとりだけ悟ったようかと思えば、素っ裸になってみせたりとか・・・。


分からない子だわ。


まぁ、この先クレインが何を写すのか?
それも父は楽しみって事なのかな。


で、今後またディアスたちは登場するのかしら?

先に彼らとの戦いって話になるのかな?

次回はどうなることやら。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ アニメ・ドラマ感想ブログ ←よろしければ、ポチっとお願いいたします♪

☆つぶやいてます ◆Twitter◆


【22%OFF!】フラクタル 第1巻 【Blu-ray disc 専用】(数量限定生産版)ねんどろいどぷち『ネッサ』付 【発売日お届け!】


第1話 第2話 第3話 第4話 第5話




関連記事
スポンサーサイト
* Category : 花の名前を僕はまだ知らない/ノイタミナ枠
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

Re:フラクタル 第6話「最果ての町」(02/25) * by Monster
コメ失礼します。

色々見てまわってたんですが

第一話で、クレインの家でみた映像に

同じものがあったようですね。



全然気づきませんでしたが^^;

Re:フラクタル 第6話「最果ての町」(02/25) * by Monster
コメ失礼します。

色々見てまわってたんですが

第一話で、クレインの家でみた映像に

同じものがあったようですね。



全然気づきませんでしたが^^;

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。