05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-02-20 (Sun)

織田家の行く末- - - - - - - - ---。



すべては次男と三男にかかっている。

どちらにつくのが得策か?


豊臣は?徳川は?

ということで、今回は清洲会議。


視聴してても、なんだかあらすじを拾うとかそういう流れではないので、今後はもう感想重視の簡単レビューで。

続けるかも微妙なほど、内容が流れて見れてしまうという・・・。


これは苦戦が続きそうな展開ですよねa




秀吉は父の仇。
だが、信長の仇を取ってくれたのも秀吉なのだ。

複雑なお市と娘たち。

そんな中、おねと再会する江。



えっと・・・ここからはギャグですか(><)

とても家督争いに巻き込まれて緊迫してる雰囲気ではないね(^^;)



しかも、秀吉が連れてきた子供。


まさかこれって隠し子~!?とみせかけて、実は信忠の息子だったという。


清洲会議開催。

                                                     
織田家を継ぐのは、信忠の息子!!


つまりは信長の孫。


そう宣言する秀吉。

これはもう完全に自分が後継人になって、実質の天下を取ろうとしているのは目に見えている。


当然、納得できないのは柴田勝家。


もちろんお市たちも。


そこで、信孝と話し合いをした結果、なんとお市は柴田勝家に嫁ぐと言い出したのだ!!

秀吉の天下取りを阻むために、母は武将の心で嫁ぐというのだが・・・。


当然それを認めたくない娘たち。

自分たちの父は、長政のみ!!



しっかし、江を絡ませようということで、清洲会議でも盗み聞きしてる、なんて設定だもん。

そんなのでいいのかって感じだわ。


もう、なんつーかどんどん冷めた目でしか見られないのが悲しい今年の大河。


これはどうにも脱落が近い・・・気がしてならんです。


主役を江だと思わなければいいのかなぁ。


こうなれば戦国武将たちの駆け引きを楽しめたらなぁと思います。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ アニメ・ドラマ感想ブログ ←よろしければ、ポチっとお願いいたします♪

☆つぶやいてます ◆Twitter◆


【送料無料】江の謎姫たちの戦国物語
【送料無料】NHK大河ドラマ江~姫たちの戦国~完全読本
【送料無料】NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」完全ガイドブック
【送料無料】江姫たちの戦国 【送料無料】江姫たちの戦国(前編)

【送料無料】NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック「江~姫たちの戦国~」


第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話




関連記事
スポンサーサイト
* Category : 大河ドラマ
* Comment : (3) * Trackback : (0) |

Re:大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第7話「母の再婚」(02/20) * by くうふう3
清洲会議は笑えましたね~( ̄∇ ̄;)もう笑うしかない。。。

何かあちこちに江がいるのは慣れたつもりで頑張ってるんだけど、

それでもついついブツブツ言っちゃう^^;



>主役を江だと思わなければいいのかなぁ。



江が歴史を見ているドラマなんだ。だからあちこちにいるんだ!

。。。と自分に言い聞かせつつ見続けるか脱落するか( ̄∇ ̄;)

来期はレビューはどうせ「JIN」に逃げるつもりなので

ツィートだけブツブツしようかと考え中です。


会議は笑う * by haru
こんばんわ。TBありがとうございます。

岸谷秀吉がなんとかトヨエツ信長の代わりを務めようとしているのに、清洲会議で盗み聞きしてる江が全て美味しいところを持っていってましたね。ハー。

>主役を江だと思わなければいいのかなぁ。

そうしたいところですが、相手は主人公特権を振りまわるもので・・・

また来ます。

http://blog.livedoor.jp/haru1106/

こんばんは♪ * by ショコラ425
私も脱落しそうです(^^;)



江があちこち出てくるのは、少し馴れたんですが、子供の江が大人の有名人に対して、いつも偉そうなのはイマイチ感じが悪いです(汗)

前回、光秀に、今回、秀吉に・・・

次回は、誰に・・・(^^;)


コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。