05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-02-15 (Tue)
父と娘ふたり。


見つかった娘の死体。

その前で気を落とす父親を見て、なんとしても犯人を捕まえるといきまく里央。


被害者の歯に残された他人の血液。

そこから犯人は噛み付かれた跡があることが浮かび上がる。


容疑者は隣人の吉崎という男。


任意同行を求めたところ、吉崎は逃走。

怪我を負わせてしまう。



「熱くなるな」

そう寺西に言われるが、DNAが一致した以上、吉崎が犯人であることは確か。



そこで被害者の父親に会いに行く里央。

宮原は、被害者が情報をもらえないのは何故なのかと里央に打ち明けたのだ。


里央は、もう決定している話だということで、午後にも吉崎は犯人として逮捕されると、宮原に話してしまったのだ!!



そしてその昼- - - - ----なんと吉崎がヒ素をスープに混入されて殺されてしまったのだ!!


何故犯人は吉崎が女子大生殺害の犯人だと知ったのか?


里央は自分のせいだと頭を下げる。



何故里央はこんな先走るのか?


南雲は気になり、寺西にそれを尋ねる。


すると・・・どうやら里央の父親は殺されているというのだ!!

里央の父親はひったくりを目撃し、追いかけ、犯人に刺されて亡くなったという。
しかも、いまだその犯人は捕まっていないというのだ。


そんな過去があるから、宮原の気持ちが分かるから、思わず話してしまったのだろうと庇う寺西。



そして・・・宮原は自分が吉崎にヒ素を飲ませて殺したと自白したのだ。


では、どこからそのヒ素を手に入れたのか?


それを話さない宮原。

更に、取調べ中、突然吐血した宮原。

彼は・・・末期の胃がん。


それを彼自身は知っているのか?

だが、殺された娘の部屋に残された本から、宮原親子の主治医だったという神山という男が浮かび上がる。


彼は宮原父に余命宣告した人物。

そして、神山は、吉崎が殺された病院に勤務していたことがあるというのだ!!


だがそれだけでは神山を共犯の犯人扱いできない。


では、宮原に同情できるのは、どういう人物か?

そこで南雲と里央は被害者遺族の名簿を確認する。



そこにあったのは- - - - - - - - - - - - --神山の名前。


そう。
神山もまた、20年前に娘を殺されていたのだ!!


だが、犯人は獄中で病死したという。


完結していない事項は、強く残る。


そして、同じ想いを抱えた宮原に自分を重ねた神山は、宮原にヒ素を渡し、吉崎を殺せと言ったのだ。



だが、宮原は直前になって、それをしては犯人と同じだと気づき躊躇してしまう。

そんな宮原に替わって吉崎を殺したのが神山。


あんな奴死んで当然。
確かにそうだろう。


だが、それが人を殺していい理由にはならないのだ!!




宮原は里央が最後に娘さんが父の介護をしようと勉強していたことを告げ、彼女の気持ちを分かってあげて欲しいと言う。

その言葉にすべてを話してくれた宮原。


そして、残りの人生を娘のためにも、しっかり生きてみようと、感謝の言葉を手紙にしたためてくれたのだ。



復讐で人を殺す。

それでは誰も救われない。


父として、被害者として、宮原は最後に娘に誇れる父親であることを選んだのだと・・・。




最初はちょっと強引な設定かなぁと思いましたが、里央の父親のことがちょっと唐突な感じだったのでね。

でも、最後はちょっと泣かせるいい話になったかなぁと。



ようやく脚本に深みが出てきた感じ?

次回もこんな事件を期待します。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ アニメ・ドラマ感想ブログ ←よろしければ、ポチっとお願いいたします♪

☆つぶやいてます ◆Twitter◆


【送料無料選択可!】フジテレビ系ドラマ『CONTROL 犯罪心理捜査』オリジナル・サウンドトラック (仮) / TVサントラ (音楽: 井筒昭雄)


第1話 第2話 第3話 第4話 第5話


関連記事
スポンサーサイト
* Category : TVドラマ感想
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。