08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-02-05 (Sat)
彼女は木の葉を森に隠すために森に来たんだよ- - - - - - - - ---。



一弥に見られてしまった本。

アブリルはそれを隠すためにこの図書館へやってきたというヴィクトリカ。


だが、ここからどうやってその本を探し出すのか?


ヴィクトリカには見えている。

天国のへの13段目の階段。


そこに本を隠したと、知恵の泉が告げたと言うヴィクトリカの言葉の通り、その棚から発見されたアブリルの持っていた本。



金色の妖精、灰色狼。
不思議なヴィクトリカ。


あっという間に解いてしまった謎。

「高い塔の金色の妖精」

そう書かれた本。

その妖精は願いをかなえる代わりに魂を要求するのだとか。


妖精はヴィクトリカなのか?


だが、あっという間に「飽きた」と、その本の間に挟まれた消印のないおじいさんからアブリル宛の手紙を持って行ってしまったヴィクトリカ。



外では、事件が解決したのに、怪盗クイアランの二代目が現れたということで、なにやら浮かない表情のグレヴィールと遭遇してしまう一弥。

今日はなんだか真面目モード!?

いつもと違う雰囲気のグレヴィール。
さて、どっちが本物の彼なんだろうか。



その時、倉庫から物音を聞いてしまった一弥。

様子を見てこようと柵に手を伸ばしたとき、突然背後から殴られ、気絶させられてしまうのだった・・・。




そして- - - - - - - - -目覚めたとき、彼の傍にいたのは、アブリル。

どうやら彼女が倒れた一弥を発見してくれたらしい。



・・・って、彼女がやったんじゃないのか??a

本がない。


もしやそれを奪うため、アブリルが襲ったのか?


しきりに図書館の妖精のことを気にする彼女。

でも、それも妖精で、そんな女の子いないのではないかと笑う彼女に、一弥は、ヴィクトリカはちゃんと居ると反論。




そこで本を探しに倉庫へ戻った一弥。

女の子の幽霊がいるというそこ。


そこへセシル先生が現れる。
手に持っていたのは、あの本!!

なんでも花壇の脇に捨ててあったんだとか。


だがその時、倉庫の中で物音が!!

やはり幽霊なのか?


中をうかがう一弥とセシル先生。
すると・・・。


「助けて・・・!!」



ぎゃぁぁぁ!!a


慌ててヴィクトリカの元へ駆けつける一弥。

すると、そこにはアブリルが。

やはり何か探っているよう。


本当にそんな子がいるのか?

不安になる一弥だったが、どうやらヴィクトリカは隠れていたよう。



そして、ヴィクトリカ曰く、

「あいつが二代目クイアランだ」

アブリルが!??a




どういうことなのか?

順を追って話してくれるヴィクトリカ。



初代クイアランは・・・なんとマキシム!!

春になるとこの学園に来ていたのは、どうやらここに奪ったお宝を隠すため。

あの本も盗品だというのだ。



でも、そこまで話して、あっという間に退屈してしまったというヴィクトリカ。


それより、倉庫の幽霊の話に目を向けたヴィクトリカは言う。

「彼女こそ、本物のアブリルだ」



そして、グレヴィールと探索した倉庫で、手を縛られた女の子を発見した一弥。

どうやら汽車の中で一緒になった怪盗クイアランに変装されてしまったよう。



すぐさまヴィクトリカの元へ向かう一弥。


そこに居たのは、クイアラン!!


彼女の狙いはあの手紙。


なんとあれは世界で最初の切手。
印刷ミスで、値が上がっているというのだ。


どこへ隠したのかと問い詰めるクイアラン。

どうせ、金色の妖精なんていない。
ヴィクトリカも妖精だったのではないかと言い出すクイアラン。


だが、彼女は確かにここにいた!!

「ヴィクトリカは、ボクの友達だ!!」

すると・・・。

「九条から、離れたまえ」

そう言って、クイアランめがけて本を投げ落としたヴィクトリカ。


「その男は、私の・・・下僕なんだよ- - - - ---」


わはは!!Ф

どうやらヴィクトリカには、友人って地位はないようだね(^^)

でも、可愛いよ、ヴィクトリカ♪?




事件は無事解決。
きっと初代が隠したというお宝もじき見つかるだろう。



そして、本物のアブリルも無事のよう。

助けに来てくれた一弥を見て「黒髪の王子様に見えた」ですって。


友達になりましょうって、ようやく一弥にも友人が出来たようです。



そして、ようやく本物のアブリルに返した手紙。

その手紙の価値を分かっていた祖父は、孫への遺産としてこの手紙を残していたよう。




2代目クイアランは怪談を利用していた。
だから本物のアブリルを隠したのもその倉庫の幽霊話を利用したという。



では、何故ヴィクトリカはいないふりをしたのか?


「知らない奴がきたから、隠れたんだ」

ヴィクトリカが隠れていたのは、小さな戸棚。



では、何故一弥がここにきたときは、隠れていなかったのか?


それを問うと、顔を赤くして何も答えないヴィクトリカ。


可愛いじゃないかっ♪?



「金色の妖精は、本当はただ一緒にいたいだけ。

永遠に離れることはない魂と、出会えると、信じていると- - - - ---」





いいオチでしたね。


なんだかどんどん可愛くなっていくヴィクトリカ。

思わずニヤニヤしちゃったじゃないかっ(>▽<)?


初代は、なんだかんだ言いながらこの学園に毎年現れたのは、あの亡くなった子と恋をしてたんだろうなぁ。
まぁ殺されるとは思ってなかっただろうけど(^^;)


グレヴィールが何故あんな表情をするのかがイマイチ伝わりにくかったんですが・・・。


まぁ、これで一弥も少しはこの学園での生活がしやすくなるだろうし、また新しい事件が見つかりそうですね。


次回はお出かけ?

なんだかまたふくれっ面したヴィクトリカが見られるようで楽しみだ♪

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ アニメ・ドラマ感想ブログ ←よろしければ、ポチっとお願いいたします♪

☆つぶやいてます ◆Twitter◆



即日配送!5000円以上で送料無料!ポイント5倍!【全巻】【新品】GOSICK -ゴシック-[角川文庫][ライトノベル]<1-6巻 最新刊> 桜庭一樹 【ポイント倍付0105】

【送料無料選択可!】TVアニメ『GOSICK-ゴシック-』オープニング・テーマ: Destin Histoire [DVD付初回限定盤] / yoshiki*lisa

【送料無料選択可!】GOSICK -ゴシック- / ドラマCD (斎藤千和、入野自由、子安武人、他)


第1話 第2話 第3話 第4話


関連記事
スポンサーサイト
* Category : 電波女と青春男・ゴシック・アリア/ノベル原作
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。