06≪ 2017/07 ≫08
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-02-04 (Fri)

おかえりなさい、お姉さま- - - - - - - - ---。


ネッサそっくりの顔をした巫女の存在。

だが、祈りは続けられる。


あれこそが世界の鍵!!


作戦変更し、フリュネを奪えと命じたスンダ。

だが、彼女の祈りでアップデートは完了してしまったよう。


正気に戻った人々は、周りに倒れて死んでいる人々を見て恐ろしさのあまり逃げ出してしまう。


混乱に乗じてこの場を抜けようとするフリュネと巫女たち。


だが、今の光景を見てしまったネッサは、どうしてもフリュネに会いたいと近づくも、今は逃げることが肝心。

煙幕を貼り、その中で一瞬の再会を果たしたフリュネとクレイン。


だが、クレインの脇にネッサの姿を目撃したフリュネは、驚いた表情を見せる。

その時、スンダがフリュネを昏倒させ、飛行船からたらした紐の梯子に捕まり逃走。


遅れてクレインたちも無事脱出できたよう。



だが・・・飛行船の中には、先ほどまで一緒に笑って話をしていたデブが遺体となって横たわっていた。

嘆き悲しむエンリ。


死体を見るのは初めてで、なんともやりきれない気持ちのクレイン。

「あんな透明っぽい、プラスチックみたい。
やっぱりこいつら、人殺しなんだ・・・」



そこで、クレインはネッサと共にフリュネを逃がそうと、彼女が囚われていた収納庫へ向かう。


でも・・・フリュネは、クレインとの再会をぜんぜん喜んでないよう。

むしろ険しい顔して、縄を解かれた瞬間クレインの顔をひっぱたいたのだ!!

「余計なことして!!」


何故ネッサを目覚めさせたのかって、八つ当たり!?


おいおい、あんたが何も言わずに出て行ったからでしょ~?a
そりゃクレインだってそう突っ込みたくなるでしょ。

手がかりなしだったから、調べたらネッサが出てきてしまったと。


それを「なんて下劣な品性なんでしょ」って。

それは言いすぎじゃね?

じゃぁそう言い残しておけって話だよなぁ。
うわぁ、フリュネムカツク~~(><)



更に、責められるクレインを見て、ネッサはフリュネの胸を叩いて抗議。


「クレインを叩かないで!!ネッサは好きが好き!!」


だが、その手。
フリュネをすり抜けていく。


それって・・・フリュネはネッサを嫌ってるってことか。



そこへスンダが登場。

話があるとフリュネを連れて行ってしまうのだった・・・。



そんなフリュネを見ていたネッサ。

「ネッサは好きが好き。
でも、あの人は、嫌い- - - - - - - - ---」




厳しい表情でスンダの前に立ち、話を始めるふたり。

何故僧院を抜け出したのか。
ネッサを持ち出したのか。


何も語ろうとしないフリュネ。


そこでスンダはどちらにせよ、フラクタルシステムはこのまま壊れた方がいいというと、なんとフリュネもそれに同感したのだ。

それでは仲間になる選択肢もあるというスンダ。

だが、流石にそれには返事を返さないフリュネ。



世界崩壊が近い!?

それはどういうことなのか。


どうやら僧院も流石に今回の一件を黙って見過ごすことができなくなったよう。

モーランはグラニッツ一族の制圧を宣言。




村に戻った皆。


デブの死を悼み、涙を流す人々。


だが、クレインに言わせれば、彼らは英雄でもない、戦士でもない。
単なるテロリストではないのか。

それでもネッサは彼の為にクレインにしか聞こえない歌をうたうのだった・・・。


フラクタルシステムに反抗するロストミレニアム。

その中核にいるのは、グラニッツ一家。


そこで、皆に迷惑をかけないように、一族で旅立つことを決めたスンダ。


飛行船の準備を始めた彼ら。

クレインはこれ以上彼らと関わりたくないと、逃走することに。

ネッサはもちろんついてくるけど・・・フリュネはどうするのだろう。


でも、ネッサのことだけ考えろと言うネッサのわがまま。



だがその時、僧院が攻めて来たのだ。

防衛手段はちゃんと用意していたようだけど、僧院に対してロストミレニアムがどこまで対抗できるのか。



逃げ出す途中、クレインは、何かをしているフリュネを目撃してしまう。

助けなければ仕方ない。


すぐに彼女の元へ向かおうとするクレインでしたが、それをネッサが止めたのだ。


だが、行かなければならない。
行くよと声をかけても、頬を膨らませてそれを拒むネッサ。



そこでひとりでフリュネの元へ向かったクレイン。


だがフリュネは自分は僧院に捕まるわけにはいかないと、勝手に別れを切り出しバイクに乗り込んだのだ。

「もうあなたにも、あの子のも会うことはないでしょう」



流石に一方的すふぎると、急いで後を追いかけるクレイン。

バイクに乗り込み、文句を言うと、自分がすきなのかと問い返されてしまう。


だが、あっという間に僧院に見つかってしまったのだ。



追い詰められてしまうふたり。


僧院からやってきた男は、嫌味たっぷりにフリュネに三択を迫る。


今後いかな行動を取るか。

って、ぜんぜん選択肢ナシだったけど、円滑か、争うかの違いで、僧院へ戻るって選択肢しか与えてくれないよう。


それは選べない。

フリュネは、バイクで崖を飛び越える。



「これは、いつかフリュネが飛んだ空- - - - - - - - ----」


そして、ふたりが飛び込んだのは・・・ちょうど飛び立とうとしていたグラニッツ一家を乗せた飛行船の甲板。


悔し紛れにすぐに見つかると叫ぶ僧院の男。



だが、これで強制的に彼らと同じ道を進むことになってしまったフリュネと、クレイン。


きっとネッサもついてきてくれると思っていたけれど・・・。



嫌いなフリュネが居る限り、そうとは限らない。


まぁ、ドッペルだからどこにでも出没はできるようですが・・・。



崖っぷちで飛行船を見送るネッサ。


「クレインのばぁか」



あらら。

やっぱネッサは残ってたか。



何故ネッサを僧院から持ち出したフリュネが、彼女を受け入れないのか?


ネッサ側の気持ちは仕方ないとして・・・。


今の状況では、フリュネが何をしたいのかが見えてこない。

それこそ単なるわがまま娘にしか見えないよなぁ。


まだまだ説明不足。

フリュネが1話とぜんぜん違う子に見えてしまうし、僧院で何があったのか。


もう少し情報待ちって感じですねぇ。


で、ネッサとの再会はいつになるのやら。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ アニメ・ドラマ感想ブログ ←よろしければ、ポチっとお願いいたします♪

☆つぶやいてます ◆Twitter◆


【22%OFF!】フラクタル 第1巻 【Blu-ray disc 専用】(数量限定生産版)ねんどろいどぷち『ネッサ』付 【発売日お届け!2011年4月22日発売】


第1話 第2話 第3話




関連記事
スポンサーサイト
* Category : 花の名前を僕はまだ知らない/ノイタミナ枠
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。