05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-04-16 (Sat)
これは恋とは認めない-------------!!




自分の担当した作家(ウサギさん)の文芸書が売り上げランキング上位を占めていた。

その発表に大喜びの律。


だが手にしていた本は何故か少女マンガに!?

更にその手を握ってきたのは・・・編集長の高野!?


引き寄せられるように律の唇は奪われてしまうのだった------------。


・・・という夢を見た。

「最悪だ・・・」




1話の手ごたえはまずまず♪

BLってのを抜きにしても、中村先生のお話って面白いし、テンポいい作りはやっぱ引き込まれてしまうもんね(^^)

評判も上場♪
このまま最後まで楽しませてもらうとしましょう!!




さて、今日のエメラルド編集部は、いわゆる臭気(^^;)


屍累々の中、まだ原稿が仕上がっていないという作家に怒鳴りつける電話をかける高野。

埒が明かないということで、原稿を直接取りに行くことになる高野は、律を呼びつけ同行させることに。


でも、マンガについて何の知識もアシスタント経験もない律は役に立たず無理じゃないかと思いつつ着いていくことに。

その間もずっと誰かとやり取りして、お願いと、怒鳴り声と逆ギレする高野。


そして、たどり着いた漫画家の家は・・・。


「どうしてマンガに関わる人々は、こんなに寿命が短そうな人々ばかりなのだろう・・・」

やはりこちらも臭気だったよう(わはは


迷惑かけてるのは分かってるけど、ちゃんと描きたいと思う作家の言い分。

コミックスになるときに直せばいいという考えを持たない作家のこだわり。

でも、それはあくまで締め切りを守ってこそなのだ。


厳しい高野の言い方にめげそうになっている作家。

更に自分のマンガが面白いかどうかすら分からなくなったと愚痴をもらし、書き直したいと言い出したのだ!!


そこでもう少しやさしい言い方は出来ないのかと、律は作家に自分が読んだ本の感想を伝えることに。


「先生のマンガ、フツーに面白いと思います」

つたない言葉で編集成り立ての自分でも、作家に還元したいからと新刊を買ったと伝える律ですが・・・。

自社の本は所詮自分の会社に還元してるだけって話。
それを指摘され律は恥ずかしい思いをするけれど・・・。

その言葉が作家に自信を取り戻させたよう。


更に高野は、明日まで印刷所の締め切りを延ばしてもらったと報告。

そう、先ほどからずっと交渉していたのは、印刷所だったのだ!!

高野は最初から作家にきっちり最後まで仕事をさせるつもりだったよう。


自分は何も出来ない。
でも、高野はそこまで計算していたのだ。

すごい。

でも・・・「トーンってどうやって貼るんですか」
から律の指導が始まるよう(^^;)


そして・・・なんとかぎりぎり入稿が間に合った!!


生きる屍。
印刷所に入稿して編集部へ戻って来た律は、もうヘロヘロ。

「朝日がこんなに破壊力があるものだったとは・・・」


あはは!!
気持ちは分かるわ(^^)


「お疲れさん」

笑顔で缶コーヒーを渡してくれた高野。


もっと気の利いたことのひとつでもいえたらよかったのに、大事なところで直球な事しか言えないと落ち込む律。

でも、それが最高の褒め言葉だと、助かったとねぎらってくれる高野。


その笑顔に、何故かドキドキしてしまった律。


作家の能力を最大限に引き出し、納得のいく仕事をさせる。
流石の手腕に、高野をみとめざるを得ない律。

「お前・・・変わってないな」

「何がですか?」

「俺のこと、覚えてない」

だが、人違いだという律に、目を細めた高野は、突然律を押し倒したのだ!!


わおっ!!(>▽<)

そして・・・またもキス~~~♪

ふふふ。
面白くなってきたぜい。


冗談はやめてくれと、振りほどく律。

「お前にとっては、いつでも冗談なのかもな」


そして、意味深な言葉を残す高野。

「お前、俺のこと好きって言ったろ」


一体何の話なのか?

すると、高野はヒントをくれる。

自分は旧姓「嵯峨」なのだと・・・。



そこでようやく自分の中の淡い学生時代を思い出した律。
嵯峨は、つきあっていた先輩の名前。


「記憶から必死に抹殺した、俺の初恋--------------!!」


酷いことをした、謝罪しろと高野に迫る律。

「人をもてあそんで捨てたくせに!!」


でも、高野曰く、逆に律の方が回し蹴りをして翌日から姿をくらませたというのだ。


好きと聞いたら鼻で笑われた。

でも、それも若いから照れ隠しだったのではないのか。


それを信じた律はバカじゃないのかと、高野は今度こそ鼻で笑ったのだ。
だが・・・。


あれからどんな恋愛をしても律を忘れられなかったと言う高野。

「そういうことなら口説いてもいいんだな。

だからもう一度、俺を好きって言わせてやるよ、覚悟しておけ!!」



うお~~!!
大告白~~(>▽<)

かっけぇぜ、高野っ!!


混乱する律を残して、原稿のゲラを取りに印刷所へ向かう高野。


落ち着けと何度も言い聞かせ、自分の勘違いだったのかと自問自答するも・・・。


何故「嵯峨=高野」だと気づかなかったのか。

だが、高野は律を忘れられなかったと言った。
律の勘違いだったと・・・。


では、律は高野をまた好きになってもいいのか?

「違う、これは恋なんかじゃない!!」


でも・・・そんな話を信じるほど律はもうピュアではない。
高野のおかげでひねくれてしまったのだから。


好きと言わせてみせる。

そう宣言した高野。

「言うわけねぇだろっ!!

誓いを新たにする律だった---------。



心身共に疲れている仕事と現実。

更に引越しまで。



ようやく新居へ移った律ですが・・・片付けついでにコンビニへ行こうとしたところ、お隣さんと遭遇。

挨拶をすると・・・なんと隣に住んでいたのは--------高野!!



あぁ、運命っ(>▽<)


もう告白しにきたのかとからかう高野に、そんなわけあるかと全否定の律。


お金はないけど、引っ越したいと、必死に思う律。
そして、自分に言い聞かせる。


「これは恋じゃない!!
絶対恋じゃなぁぁぁぁぁい!!」



わはは!!
最後は結構パターンなんだけど、面白ドラマチックに見せてくれたよなぁ♪


やっぱこういう展開は面白い。

認めたくないまだひきづってる初恋。


こうなると、何故ふたりは別れることになったのか?

律が何故遊ばれてると思ったのかってのが気になるよね。

えらく二人とも勘違いがあったようだし。


ここから上司部下の関係と、元恋人としての関係。


また恋を始めたいと思っているのが高野の方だってのが、今度は面白い展開だと思うし。


うん。
次回からどうなるのか、めちゃ、めちゃ楽しみ♪


そして、今度はライバル(?!)登場!!

振り回してもらうとしますか(^^)

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ アニメ・ドラマ感想ブログ ←よろしければ、ポチっとお願いいたします♪

☆つぶやいてます ◆Twitter◆

2011年4月発売コミック・世界一初恋~小野寺律の場合~(通常版)(5)
2011年4月発売文庫世界一初恋 ~吉野千秋の場合(4)~
【送料無料】世界一初恋 第1巻


第1話




*******************

◆重要◆

楽天ブログは、19日以降は、TBをこちらからは送信できるのですが、みなさまから送っていただいても全く受信できない状態になるらしいです(←なんと横暴な


ですので、こちらの楽天ブログは、一般閲覧者も一応そこそこの数がいるので、更新・コメントに対しても受付をそのまま持続させるつもりですが、TBに関しては2ndブログがメインになります。


改めてきっちり決定次第ご挨拶させていただきますが、一応2ndブログはこちらです。


◆2nd 黒衣の貴婦人の徒然日記◆


19日以降、こちらの記事のTBは下までお願いいたします。
            
<トラックバックURL>
関連記事
スポンサーサイト
Theme : *世界一初恋☆吉野千秋の場合☆小野寺律の場合 * Genre : アニメ・コミック * Category : 純情ロマンチカ・BL関係
* Comment : (0) * Trackback : (1) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
世界一初恋#2.
「A man has free choice to begin love but …
2011/04/21 00:39  色・彩(いろ・いろ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。