08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-04-17 (Sun)
夏休み、予定より早く学園に戻って来たアブリル。



今日は一弥とデートで映画を見に行ったよう。

でも、一弥的には全くそういう気持ちはないようで、アブリルは苦戦中(^^;)

一弥とヴィクトリカがこれ以上近くならないようにと、可愛い嫉妬に囚われているようです(^^)


その時、映画で見た時計塔と同じ塔を学院内で発見するふたり。

錬金術師が登場したその映画。


彼は仮面の錬金術師と呼ばれ、実在した人物。

王子に気に入られたその錬金術師。

だが、王様に恐れられ、抹殺されそうになったよう。


矢を大量に浴びたのに、その錬金術師は逃げおおせたというのだ。

生きているのか、死んでいるのか-----------。


そして、いつしか彼・リヴァイアはこの時計塔にたどり着いたのではないのか。


でも、それが実話なのか、単なる伝承か。


それを確かめるよりヴィクトリカの元へ行きたいと思う一弥。


だがその時、何故かその塔に現れたのは、セシル先生。


なんだか異様にここには近づくなと強い口調でたしなめられたけど・・・。

なんだか気になるセシル先生の行動。



その話を広げようとしたアブリルですが・・・一弥ってば、とっとと彼女を見捨ててヴィクトリカの元へ♪


・・・これはこれで酷い話って(^^;)



その頃ヴィクトリカは、図書館で退屈しのぎに本をあさっていた。

ふらついた台から落ちそうになったヴィクトリカの上に降ってきた飛び出す絵本。


おしりもそれは錬金術師・リヴァイアの伝承が描かれた本。


錬金術師とは、伝説の賢者の石と呼ばれる石を使って錬金術を使っていたという。
だが、言ってしまえばそれは詐欺のようなもの。

そんな話を信じるのも、

「大バカ者だっ!!」

えらくご機嫌斜めのヴィクトリカでした(^^)




次の日、街で東洋人が赤毛のいい男と歩いているという話を聞く一弥。


自分以外の東洋人は珍しいこの異国。


だが、その黒髪の男をあの時計塔の近くで発見した一弥。

思わず後をつけるのだが---------。


そこには、苦しみなが転がる男の姿が!!

ひとさし指の先が紫に変色したその男。


「錬金術師・リヴァイアサン------」

そういい残し、彼は事切れてしまうのだった・・・。


一体何が起きたのか?
何故彼は殺されたのか?



現場に駆けつけたのは-------サラサラ花の香りを振りまくいい男♪

って、髪を下ろしたグレヴィールっ!!


・・・どうやら朝が早くてセットが間に合わなかったよう(わはは


でも、すっかりセシル先生はホの字のようで(^^;)

髪を降ろしたらいい男~♪



そこでヴィクトリカの意見を聞こうと一弥は駆けつける。


でも、今回の事件、ヴィクトリカにも難しいようで。

これはいわゆるリヴァイアからヴィクトリカへの挑戦状!!


下界へ行くというヴィクトリカについていこうとする一弥だったが・・・。

エレベーターに乗ろうとしたら、とめられてしまう。


どうやらヴィクトリカは、一弥が自分のために息を切らし、ぜーはー言う姿を見るのが・・・

「大好きなのだよ」


って、これぞ悪魔の微笑みっ(><)

酷い話だよなぁ。
結構今回のヴィクトリカは意地悪(^^;)


結局取り残された一弥は、そこでヴィクトリカが持っていたあの飛び出す絵本を見つける。

リヴァイアからの挑戦状の本を読み、すべてを悟る一弥ですが・・・。


その本に書かれてあったのは、何もないところからリヴァイアが出現させた金。


更に、王妃と王の前で彼は白いバラを青に変えてみせたのだ。

「錬金術に不可能はありません」

誰もが信じられなかったその光景。


そして、政治にまでアドバイスを求められるほど権力を握ったリヴァイア。



だが、彼は罪を犯す。


一番最初に錬金術を信じてくれた小さな友。

王子を・・・殺してしまったというのだ!!


その王子が殺されたという時計塔。

そこを殺人者として自分の魂はさ迷い続けるという、リヴァイアだった・・・。



ヴィクトリカはそこへ向かうのだが・・・何者かによって腕を握られてしまうのだった---------。




一方、東洋人と一緒にいたという赤毛の男に話を聞くグレヴィール。

彼・ブライアン・ロスコーは怪物を探しにきたというのだ!!

「モンストル・シャルマンを-----------!!」




おおっと!!

今回からEDチェンジですか~♪

絵とか、動きの雰囲気がすごい好きかも~(^^)




さぁて、折り返しに入って色々重要人物の登場って回でしょうか。

しっかし速水さんに大川さんって・・・いい人つかってるなぁ♪


これは続きが気になるところ。


ひとまず今回は伏線って事で、まずはこのリヴァイアのことだよね。


ここがどうなるかが後半の最初のヤマですね。


ヴィクトリカの知恵の泉の回答、楽しみにしてます♪


ただ、やっぱりここにきても淡々としてる印象が拭えない作品なんだよなぁ。
それだけが気になるわ~(><)

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ アニメ・ドラマ感想ブログ ←よろしければ、ポチっとお願いいたします♪

☆つぶやいてます ◆Twitter◆



即日配送!5000円以上で送料無料!ポイント5倍!【全巻】【新品】GOSICK -ゴシック-[角川文庫][ライトノベル]<1-6巻 最新刊> 桜庭一樹 【ポイント倍付0105】

【送料無料】GOSICK-ゴシック- ORIGINAL SOUNDTRACK SECOND SEASON

TVアニメーション GOSICK-ゴシック- お守り ヴィクトリカ -学業成就-[ブロッコリー]《予約商品05月発売》

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8・9話 第10話

第11・12話


6386 HIT/1/26

*******************

◆重要◆

楽天ブログは、19日以降は、TBをこちらからは送信できるのですが、みなさまから送っていただいても全く受信できない状態になるらしいです(←なんと横暴な


ですので、こちらの楽天ブログは、一般閲覧者も一応そこそこの数がいるので、更新・コメントに対しても受付をそのまま持続させるつもりですが、TBに関しては2ndブログがメインになります。


改めてきっちり決定次第ご挨拶させていただきますが、一応2ndブログはこちらです。


◆2nd 黒衣の貴婦人の徒然日記◆


19日以降、こちらの記事のTBは下までお願いいたします。
            
<トラックバックURL>
関連記事
スポンサーサイト
Theme : GOSICK-ゴシック- * Genre : アニメ・コミック * Category : シャングリラ・化物語/ノベル原作
* Comment : (0) * Trackback : (2) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
GOSICK -ゴシック- 第13話「愚者は己の代弁者を指名する」
脚本:根元歳三/絵コンテ:三條なみみ/演出:大西景介/作画監督:三輪和宏 山本尚志予定よりも早く学園に戻ったアブリル・ブラッドリーと二人で映画を見に街へ出かけた久城一弥ですが、映画では居眠りして殆どちゃんと見ていない始末。こんな事だから友達出来ないんじ... …
2011/04/20 22:10  無限回廊幻想記譚-アニメ・映画感想-
GOSICK -ゴシック- 第13話「愚者は己の代弁者を指名する」
脚本:根元歳三/絵コンテ:三條なみみ/演出:大西景介/作画監督:三輪和宏 山本尚志 アブリル・ブラッドリーと二人で映画を見に街へ出かけた久城一弥ですが、映画では居眠りして殆どちゃんと見ていない始... …
2011/04/20 22:14  無限回廊幻想記譚 別館
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。