09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-04-22 (Fri)

「あたし、魔法少女になる-----------!!」


やっと叶えたい願いが分かったから・・・そのためにこの命を使う。


そういうまどか。

では自分は何のために今まで・・・。
涙するほむらを抱きしめるまどか。



ではまどかは何を願う?

「あたし・・・。
すべての魔女を、生まれる前に消し去りたい!!

この手で---------------!!」



だが、それは時間干渉なんてレベルではない。

まどかは神になるというのか---------------!?

否定するキュゥべえ。


「これは私の祈り、願い。

さぁ、叶えて!!インキュベータ!!」




そして、その世界で杏子と巴と再会するまどか。


巴はまどかを説得する。

今のままでは過去と未来ずっと戦い続ける結果になる。
それは固体を保つことは出来ないだろうと・・・。

それでもいいのではないか、決めたのがまどかならと、背中を押してくれる杏子。


巴は預かっていた魔法少女のコスチュームが描かれたノートをまどかに返してくれる。


「あなたが希望を叶えるんじゃない。
あなた自身が希望になるのよ、わたしたち、全ての希望に---------!!」




そして、まどかは時間を戻る。

すべての魔法少女の時間を戻すために!!

そこで出会った魔法少女たちのソウルジェムを次々と浄化させるまどか。


これで少女たちは契約に囚われないで生きられるはず!!


彼女たちの祈りを、絶望で終わらせたりしない。

誰も呪わない。恨まない。

すべての想いをまどかが受け取るから----------。


だから「最後まで自分を信じて-----------!!」



ワルプルギスにもそう話しかけ、受け入れるまどか。

・・・やはりワルプルギスは今までの魔女の想いの結晶だったのではないのか・・・。




そして・・・。

目を覚ましたほむら。


そこは宇宙?
真っ暗な場所。


キュゥべえ曰く、ここはまどかが作り出した新しい宇宙。



そこに現れた巨大なブラックホールのような塊。

それはすべての魔法少女の抱える負の感情の塊であるソウルジェム。

それを引き受けたまどかの負担は相当なものだろう。



だが、すべての魔女を消す。

まどかの願いが叶ったのなら、まどか自身も絶望することはないのだ-----------!!


溢れる光。
それは激しい閃光を伴い、ソウルジェムを破壊してしまうのだった・・・。



だが・・・それを壊してしまったことで、固体としての概念を持たなくなってしまった。
まどかはもうこの宇宙の一員ですらなくなってしまったのだ。


「これでは死ぬよりもっと酷い!!」


そう涙を流すほむらを抱きしめるまどか。


だが、そうではないというまどか。

こうなったことで、過去も未来も全てを知ったまどか。


今まで一生懸命ほむらがまどかのために頑張ってくれたことを知ったまどかは、感謝と謝罪をする。


「ほむらちゃん、ありがとう。
あなたは私の最高の友達だったんだね」


でも、みんなと離れてまどかはこんな場所にずっとひとりで取り残されるのか?

「ひとりじゃないよ」

いつでも傍にいるというまどか。


だが、ここから出たら・・・きっとほむらは全てを忘れてしまう。


でも、ここまできてくれた元の世界に戻っても、ほむらなら忘れないでいてくれるかも。

その希望を持つまどか。

「きっとほんの少しなら本当の奇跡があるかもしれない。そうでしょ」
いつかまたもう一度ほむらちゃんに会えるから・・・」


まどかは自分の髪をくくっていたリボンを外し、ほむらへと手渡す。
そして、まどかは光になって消えてしまうのだった---------。

「まどかぁぁぁ!!」





ここはホール。
上條が奏でるヴァイオリンが鳴り響く。


さやかを救うためにはこの未来しかなかった。

だからさやかが命がけで救おうとした世界も変わってしまった。


でもこれでいいのだ。
さやかは彼のヴァイオリンを聴きたかっただけだと涙を流す。


上條の元にはヒトミの姿が。
ちょっと悔しいけれど、上條が幸せならそれでいい。


たとえすべて忘れてしまっても・・・・。

・・・でも、どうやら上條はさやかのこと覚えていたようです(^^)




そして・・・まどかを覚えていたほむら。

今そのほむらの頭にはまどかのリボンが。



そのリボンを見て、はしゃぐ子供。

それはまどかの弟。


そこへやってきたまどかの両親。


「まどか」の名前を何度も呼ぶ弟に「まどかね」と答えるほむら。



ここは・・・魔女が生まれなくなった世界。


キュゥべえすら忘れたまどかの存在。

それでも世界は痛みの形を変えてまた闇が現れる。


そして今日もまたほむらは魔獣たちと戦いを始める。


ここはかつて、まどかが守ろうとした世界だから・・・。
思い出を忘れない。

「だから私は戦い続けるの----------------」




OPが映画のようでしたね(^^)



頑張って・・・。

耳元で囁かれるまどかの言葉だった・・・。






最後はやっぱり・・・って事で、自己犠牲的世界になった感じかなぁ。

まぁ、まどかの存在はみんなの傍にいるっていうのを感じられるだけよくなった世界でしょうか。


それにキュゥべえたちともなんだか和解したようですし。




これってやっぱり震災の影響で話を変えたのかなぁ?
最初からこのラストだったのかとかは気になるところです。



でも、この形が一番きれいだったのかもしれない。



まどかの願いも、そしてその後の戦いの意味も、すごく重いものになったし、意味があったと思う。


魔女を救う=なかったことにする。

心の救い。

まどかの想い。





最後は賛否両論ありそうですけど、やはり毎週の放送で楽しみたかったなぁと言うのが本音ですね。


でも、こうも1話からの感想とラストが違う作品も珍しい。
最初は私はケチョンケチョンだったもん(^^)


面白い方向へ化けた作品だったので、これは1月期の作品の中でも関心度も世間の評価もズバ抜けてたもんなぁ。



色々納得できる所と、こうきたかという予想外の展開。

何より「魔法少女」というネーミングと、この作画に合わないシビアな展開にひきつけられました。


死と時間の繰り返し。

戦っても戦っても未来がない世界。

そこにほむらとまどかの願いが加わり、最後は私的にはハッピーエンドだったと思います。


楽しかった。


本当これは秀作でしたね(^^)

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ アニメ・ドラマ感想ブログ ←よろしければ、ポチっとお願いいたします♪

☆つぶやいてます ◆Twitter◆


【S・O・F・T 魔法少女まどか☆マギカ キーボードカバー】S・O・F・T 魔法少女まどか☆マギカ キーボードカバー(Y6527)

TVアニメーション 魔法少女まどか☆マギカ B2タペストリー[ブロッコリー]《発売済・在庫品》

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話

関連記事
スポンサーサイト
Theme : 魔法少女まどか★マギカ * Genre : アニメ・コミック * Category : オリジナル・アニメレビュー
* Comment : (0) * Trackback : (4) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
魔法少女まどかマギカ第12話(最終回)『わたしの、最高の友達』 の感想レビュー
『だって、魔法少女はさ。夢や希望を叶えるんだから…。それまで、ほんのちょっとお別れだね。』 いよいよ最終回!ということでリアルタイム視聴組が固唾を呑んで見守る中、物語に結末が訪れる回でした。 しかし、考え方によっては俺達の戦いはこれからだ!エンドともと …
2011/04/22 04:22  gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)
『魔法少女まどか★マギカ』#12「わたしの、最高の友達」(最終回)
「だって魔法少女はさ、夢と希望をかなえるんだから」 大事な人を守るために、ほむらのもとに駆けつけたまどか。 叶えたい願い事のために魔法少女となり、この命を使うと宣言! 「信じて。絶対に今日までのほむらちゃんをむ兄したりしないから」 ほむらの思いを無駄... …
2011/04/22 11:19  ジャスタウェイの日記☆
魔法少女まどか★マギカ 第11話&第12話(最終回)
ああせざるを得かなったという終わり方だったかな。 八方ふさがり状態で、希望のある結末にするにはサブタイ通り最後の道しるべでしたね。 一番救いのあるルートを確立して大団円、これはこれで一つの物語で... …
2011/04/22 13:25  のらりんすけっち
魔法少女まどか☆マギカ 第12話「わたしの、最高の友達」
「全ての魔女を生まれる前に消し去りたい。全ての宇宙、過去と未来の全ての魔女をこの手で」 …
2011/04/22 14:01  記憶のかけら*Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。