08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-03-30 (Wed)
祭りのあと- - - - - - - - ---。



学祭が終わって、今からクラスで打ち上げ。


なんと、爽子と風早は、打ち上げ会場まで待ち合わせして一緒に来るよう。


早速彼女と彼氏の関係に~♪

ささやかだけど、ふたりには大きな一歩。


待った~?今来たところ~なぁんて想像しながら

「早く茶化したい」

と話す千鶴とあやね。

相変わらずいい友人たちです(^^)



で、当の爽子たちは・・・。

待ち合わせしたはいいものの、緊張して何を話せばいいか分からない。

隣に風早が居ることが不思議で・・・嬉しい爽子は、こっそり風早ウオッチングを開始。

下から上を見ていると・・・。


おっと、ばっちり風早と目が合ってしまった(><)

「盗み見してるつもりだったのに!!」

って、真っ赤になって焦る爽子。
傷つくといいながら、負けずに真っ赤になる風早ですが・・・。

「うん、キンチョーすんね。照れるね」

って、言ってくれたのだ。

「一緒だぁ」

風早も同じ気持ちなのだ。
それがたまらなく嬉しい爽子。

思わず満開の笑顔に♪


さて、ようやくたどり着いたいつものカラオケ。

すると・・・。

またまた空気を読まない男・ジョーが、風早と爽子の告白シーンの再現劇をやっていたのだ!!


殴れ殴れ!!


矢継ぎ早にクラスメイトに先ほどのことは何だったのか聞かれるふたり。

ビシっ!!とVサインしてみせる風早。

「俺がベタ惚れなんだから」

えぇぇぇぇぇ!!?

・・・って、爽子まで驚いてどうするんだ(><)

流石に不安になった風早は、もう一度爽子に確認。

「分かってるよね?」

思わず何度も頷く爽子。

「焦るわ~」って頬を染めて笑う風早。


もうなんだろ、この人たちのいちゃこらぶりは(><)
見てる方が照れるって。



でも、人気者の風早をゲットして、ここまで言わせた爽子。
クラスメイトはそのご利益にあやかろうと、祈りだしてるし(わははФ


ま、千鶴の言うとおり、しあわせそうだからそれでいいんじゃないのかって事で(^^)



本当なのだ。
迷惑じゃないんだ。

風早の隣に居られる幸福を何度も確かめる爽子だった・・・。





さて、その頃・・・。

1位を逃したピンはヤケ酒中。

その時、海で偶然健人と遭遇♪


どうやら健人は別のクラスの女子に誘われて遊びに来ていたよう。


その時、クラスの子がみんなで海へやってきたのだ!!


ストロベリータイム!!な風早と爽子。

「告白早実った君」

って、怒りのピン。

健人は早速爽子によかったねと声をかけ、何故か風早を連れ出してしまったのだ。

「貞子ちゃんのこと、もう泣かせんなよ」


あの時、爽子が泣いていたのは、風早に好きな子がいると聞いたから。
まぁ、それを言ったのは健太なんですが(^^;)

それに風早は「貞子」じゃなく「爽子」だと訂正するも・・・。

本当にそう呼んでいいのか?

躊躇する風早。

「大丈夫、ちゃんと愛称で呼んでるから」


って、健人、本当はいい奴なんだよ~(^▽^)

まぁ、今まで散々引っ掻き回してくれた経緯があるから仕方ないんだけどさ。
でも、気になるのは、健人の気持ちだよね。

やっぱ彼は彼なりに爽子の事が好きだったんだろうなぁ。



ピンもまた風早に忠告。

ちゃんと爽子に付き合ってほしいと言ったのか?

確かに「わかってるよね」じゃないよな。


そこで意を決して風早が告白しようとすると・・・。

「結婚してください!!」


って、タイミング合わせてピンが言ってしまった(><)

爽子、思わず、

「か・・・考えさせてください!!」

って、走り去ってしまったのだ!!

わはは!!Ф

また何かこじれてる(>▽<)

まぁ、面白い方向だからこれはいいんだけどね。


でも必死な風早はピ~ンチa



そこへかかってきた父からの電話。
爽子は思わず「もしも・・・あたしがお嫁に行ったら、どんな気分?」と聞いてしまったのだ!!


呆然と涙を流す父!!

やっぱ忘れてって切ってしまった電話。


そこへ追いついて来た風早。


さっきのはちゃんと分かってると前置きする爽子。

とうやら、爽子の中では、

考えさせてください=妄想させてください

って話だったよう(^^)


「想像でなら、そんなすごい姿も見られるんだって」

だいぶ欲張りになってしまったと告白する爽子。

可愛いいなぁ、もう!!
こんちくしょ~め~(>▽<)?

そこで風早も覚悟を決めた。

「俺と付き合ってください。
ずっと大事にするから」


そう改めて告白する風早。

爽子の返事はもちろん。

「はいっ!!」



でも、爽子も「嫌わないでね」の前提付きで告白。

「私はもう、下心ナシで、風早くんの事はみられませ~~ん!!」

「嫌うわけないじゃないかぁぁぁ」


って、なんでここ、無駄にキラキラで、青春演出なんだ!!?
笑うわ~♪


で、そんなふたりを嬉しそうに見つめる千鶴たち。

で、うまくいったから今言える「爽子から一番遠いところにいるのは風早」発言。
怒りのあやね。

千鶴は脱兎の如く逃げてるし(わははФ

結果オーライで許してやんなよ~って、お前が笑いながら言っても説得力ないんだよ、健人っ!!



だが・・・この結果に傷ついている人もいるのだ。

そう、くるみ- - - - - - - - - - - - -。





さて、次の日。


念を入れて、夢じゃない、現実。
日記に詳細まで書いて、それが間違いじゃないと言い聞かせるように紙をあらゆるところに張りまくってる爽子。

わはは!!
気持ちは分かる~♪

「夢じゃ・・・ないっぽい」


って、ようやくその現実をかみ締める爽子。

か、可愛すぎるっ(>▽<)?




だが、学校へ行くと- - - - ---爽子に黒魔術効果にあやかりたいと生徒が殺到!!

風早の方にも、真相を聞きたいと生徒が詰め掛けていたのだ。


そこであやねはびしっと宣言。

「はっきりさせてやればいいじゃん!!
爽子があんたの何なのか!!」


固唾をのんで見守る生徒たち。

「彼女」

おお!!
風早ちゃんと宣言したね~♪

でも、言った後で盛大にテレるあたりが可愛すぎる(^^)

「マジで念願叶って一杯一杯なんだ、そっとしといて」


まぁ、こういう奴ほどからかいたくなるのが常だよね~♪aa


自然に笑ってる爽子の顔を見て、お似合いだと思う健人。


だがその時、廊下を歩くくるみの姿が・・・。


「くるみが失恋して、勝ったのが貞子ちゃんだなんて、誰も思わないよな- - - - - - - - -」



そう。
笑う人が居れば、その影で泣く人も居る。


くるみの想いは届かなかった・・・。


でも、本当今回もずっとニヤニヤしまくりで見てたよ。

意外だったのは、風早の方が爽子よりずっと情熱家だったって事だよなぁ。


一途っていうか。

うん、やっぱ微笑ましいよ(^^)



で、次回は最終回。

どんな最後になるのか、楽しみでもあり、このニヤニヤがもう見れなくなるのかと思うと、めちゃ寂しい~(><)

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ アニメ・ドラマ感想ブログ ←よろしければ、ポチっとお願いいたします♪

☆つぶやいてます ◆Twitter◆

【送料無料】君に届け~伝えるキモチ~ プレミアムパック


第0話(1期総集編) 第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 

第10話

6810 HIT/2/28




関連記事
スポンサーサイト
* Category : 君に届け・メリー・お兄ちゃん/コミック原作
* Comment : (1) * Trackback : (0) |

なぎささんおはようございます * by さんみ
もう~いちゃこりゃいちゃこりゃ思いが通じあった二人にこちらまであてれっぱなしです(笑)恋人になったんだけど初々しさ戸惑い?二人が自然な恋人になる日はまだまだみたいですが…甘酸っぱさ満開で幸せな気分になれました。失礼しました

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。