10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-03-22 (Tue)
すっかり刑事ドラマになってしまったコントロール、最終回のネタバレ感想です。


最後の事件はどうなる!?
里央の父の事件は?

そして1億の行方は- - - - - - - - -!!



人質の命を優先にしたため、すべて裏をかかれる形で、行方不明になってしまった金。


安斉社長は娘が助かったと分かった途端、今度は金が惜しくなり、警察は何をしているといいたい放題。



犯人のひとりは、どうやら安斉にリストラされた黒岩という男のよう。
死んでいたのはこの男。


すりかえられたキャリーケース。

それを運んでいたと思われる青いトラックが発見される。

犯人はそこでお金を移し変えて持って行ったよう。



そこで、今度は千尋の元を訪ねる里央と南雲。

彼女はどうやら父と南雲を困らせようとして、黒岩と誘拐計画を立てたよう。


だが、事件は本物になってしまった。

誘拐計画ののっとり。


黒岩は利用され、殺されたよう。



だがその時、里央の父を殺した犯人の新たな証拠が見つかる。

週刊誌に付着した指紋。
そして何かの金属粉。



だが、今は自分個人の事より、誘拐犯を捕まえることが優先される。
里央は自ら事件解明に積極的になるのだった・・・。



そして、安斉にリストラされた者を洗うと、武井という、通信機器に詳しい男の名前が挙がってくる。


早速自宅に向かった南雲と里央。

そこにいたのは・・・手首を切って、死んでいた武井。

これは自殺ではなく、口封じに殺されたよう。



安斉の会社の事情に詳しくて、キャリーケースに近づけた男- - - - --。


そう、犯人は、秘書の山根。


・・・やっぱりですか。
だって、この車で現金を運ぶとか、秘書と南雲をと指定したりとか、庇えば庇うほど怪しかったもんね、この秘書。


ワンマンな安斉に、恩はあれど、もうついていけないほど尻拭いをさせられた山根。


でも、だからと言って、武井を殺していい理由にはならない。




自業自得。

山根にそういわれて、自分はもう一人ぼっちだと落ち込む安斉。


だが、里央は言う。


千尋がいると。

彼女が心理学を学ぼうとしたきっかけは、父ともう一度昔みたいに話をできるようになりたかったから。




一方、里央の父の事件。


検出された指紋から、本屋の監視カメラをチェックした結果、犯人と思しき男の後姿が発見される。

しかも検出された金属粉は、鉄粉。
犯人はこの地域にある鉄工所に勤めているよう。


そして、カメラに映し出された人魚のピアス。

特徴的なその証拠品。


里央は、感情的にならない自信がないと、捜査を躊躇するも・・・。

そんなロジックを無視するのが里央ではないのかと、逆に背中を押してくれる南雲。



そこで、出向願いを出した里央。

なんと、課長ってば、粋なことを言うねぇ。

凶行犯捜査課が、この事件を追うことになったよう。



そして、周辺の鉄工所をしらみつぶしに当たる捜査課。


だが、一向に犯人らしい人物が見つからない。


南雲はもしや、犯人は鉄工所へやってくる業者かもしれないと、視点を変えることを提案。

すると・・・これまたタイミングよすぎでしょ。


特徴的なピアスをした犯人と遭遇!!

人は驚くと一瞬固まる。
そして、普通の行動へ戻ろうとすると言う南雲。



里央は犯人にどう尋ねるのか?

「8年前の- - - - ----」

って、ストレートすぎでしょ、それa



でも、それが決め手となったのか、突然逃げ出す犯人。

後を追う里央と寺西。


だが、寺西は隙を突かれて、足を刺されてしまう。


里央は必死に犯人と格闘し、ついに父を殺した犯人を逮捕!!

・・・って、寺西弱すぎa


「あの時は仕方なかったんだ!!」


・・・って、仕方ないって人殺しされたらたまらんよなぁ(^^;)



しっかし、8年も執念を燃やしていた・・・っていうのが全く感じられない薄さ。

逮捕しても感慨深さがないから、犯人もなんだか父の仇とか言われても「え、そうだったの?」位の感覚だったし。
すみませんでしたの表情位見せろよ・・・?



そして戻って来た日常。

里央はひとりでも多くの犯罪者を逮捕すること。

大きな目標に向かって動き出す。



千尋と安斉も少しずつ会話が増えたという。

大きな何かがあった後ほど、日常に戻るのが一番効果的。


と言うことで、またも事件発生。

当然のように借り出される南雲。



・・・って、あくまで彼はサポートであって、大学教授なんだよ?

事件現場に絶対連れて行かなきゃならないものでもないでしょ。




色々中途半端というか、設定が甘いドラマでしたねぇ。

心理学はなんだかおまけ程度で、普通の刑事ドラマではダメだったのかって話ですよ。



初回の頃は、何を描きたいのかはっきりしないし、何せ中途半端な作りが突っ込み所多々ありすぎで、正直疲れたしね(^^;)

松下さんも演技が下手に見えたし、まず鉄の女って設定自体が間違いだろと・・・?


やっぱ人には向き不向きってのがあると思う。
チャレンジ精神は買うけど、最初はちょっと酷かったもんなぁ。


見慣れてきてからはこれが普通になりましたが。


脇も、メンツのわりに目立ったこともなく・・・。

寺西はかろうじて・・・な存在でしたけど、横山くん出したかっただけって感じだし、正直彼でなくともよかったんでは?って役だったかと。



藤木さんは、やっぱぶちょ~なイメージが強いので、ジャムパンばっか食べてた印象しか残ってないわ(^^;)


う~~ん。
何故視聴率がそこそこ取れていたのか、正直分からないです。

詰めの甘い脚本だとか、色々中途半端すぎて。


今回の誘拐事件も、てっきり父の事件と関連してると思いきや、全く関係ないし、誘拐事件終わったから、最後にこっちやりましょって扱いだったし。

裏切ってたのは秘書だってバレバレだったし。
前回の感想で、もう犯人予告しちゃったよ、私(^^;)



犯罪心理学でなくて、普通の刑事ドラマでええんとちゃう?って感想で。


火曜は、この後に「美しい隣人」が毎回続きが気になって仕方なかったので、そっちに感想を重視してたし、私的には流して見れるドラマでした。

でも、またスペシャルとか作りそうな感じですね(^^;)


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ アニメ・ドラマ感想ブログ ←よろしければ、ポチっとお願いいたします♪

☆つぶやいてます ◆Twitter◆


【送料無料選択可!】フジテレビ系ドラマ『CONTROL 犯罪心理捜査』オリジナル・サウンドトラック (仮) / TVサントラ (音楽: 井筒昭雄)



第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話

7603 HIT/2/28


関連記事
スポンサーサイト
* Category : TVドラマ感想
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。