04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2011-03-21 (Mon)
今日はみんなでキャンプ- - - - - - - - -!!



地震による変則放送って事で、関西では2話連続放送だったのですが、ひとまず11話感想は朝書きます。

やっぱ休日で忙しかったし、ちょっと現界(^^;)



すっかり休暇を楽しんでいる英理子との竜司の前に突然現れたのは・・・。

なんとブルードラゴン・サフィ!!


「あんたが如月竜司?!」

オニキスを傷つけたということで、攻撃を仕掛けて来たようですが・・・。


この子、なんという見せ掛けだけの子!!

ヘタレにもほどがある!!a


攻撃も中途半端だし、しょぼいし・・・。

なんだよコイツ~(><)

しかも自称(?)オニキスの婚約者だって。


で、しょぼい攻撃をしかけて、すっかり竜司たちの気持ちを萎えさせたサフィは、決まり文句の「覚えてなさい!!」って言って去っていってしまったと(わははФ


なんだったんだ、一体(><)

あ~あ~いるよね~こういう役回りの子って。
痛いなぁ。



彼女もローズと同じドラゴンなのか!?

実咲的にはこの事実はそんなすごいことではないようで、ローズがドラゴンだって事は黙っててほしいといわれて、すぐに了承。

そこでアイも自分は人狼だってすぐにバラしてる。



・・・実咲、動じなさすぎ(><)





さて、ソサエティの再建式に呼ばれた竜司と英理子。

戸倉とも再会。

どうやら彼はドラゴンの研究を続けるという。
ビヤンカも彼の研究所へ合流するよう。

でも、オニキスの残したうろこや何やらで、正直なところ、ドラゴンは金になるよう。

それもどうよ~(><)
やっぱ研究者はそういうところゲンキンだなぁ。



さて、サフィはローズに興味を持ったようで、学校帰りのローズを襲撃。

攻撃を仕掛けようとするも・・・。

水を操ろうとして、自分にぶっかけてるし(><)

なんという子供!!a



で、すっかり馴染んでしまったサフィ。

竜司の家で風呂に入って、ローズと一緒にアイス食べてくつろいでるし(><)


彼女はオニキスによって、成竜の儀というものを済ませているよう。

ドラゴンの印にキスをすることで、その儀式とやらが完了するという。
それが大人になる証になるというのだ。



帰ってきた竜司に、早速成竜の儀をやってほしいと迫るローズ。

「竜司、あたしを女にして!!」


そんな風に言われて、ローズの印に言われるままにキスをする竜司。


すると・・・体の中から熱いものがこみあげ、すっかり竜司を意識してしまうローズ。

突然身体の変化についていけないで、身もだえするローズ。


でも、それは成長の証。


英理子はすぐさまそれを察したようで、ローズ救出へ。


触られるとどうにかなってしまいそうになる。


それにおびえて、思わず竜司に「さわらないで」と言ってしまうローズ。


でも、嫌われたくない。

ぐるぐるするローズに、大人になった証だから大丈夫だと慰める英理子でした(^^)




その頃、マルガの家に、閲覧禁止の本を狙ってオニキスが襲来したよう。

何を探っているのか。


彼の逆襲が始まりそうですね。



次の日。

ぎこちなくおはようの挨拶を交わすローズと竜司。



さて、この少しだけこじれてしまった関係はどうなる!?


最後はオニキスも復活して、またハデなドンパチになりそうですね~♪


まぁ、それはそれで楽しみかと(^^)

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へアニメ・ドラマ感想ブログ ←よろしければ、ポチっとお願いいたします♪


☆つぶやいてます ◆Twitter◆

【新品】【CD】ドラゴンクライシス! オリジナルサウンドトラック/(発売日前日出荷)
【送料無料】「ドラゴンクライシス!」キャラクターソングアルバム(仮)

【送料無料対象商品】コスパドラゴンクライシス! ローズ Tシャツ バナナ【メール便対応】


第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話


関連記事
スポンサーサイト
* Category : 禁書目録・ゾンビ・IS・ドラクラ・ゴシック/ノベル原作
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。